FC2ブログ

2020-12

さぁ~ 最終編です 

何もかもがコロナで クリスマスも自粛でしたネ~ 

こんにちはビッグGです 今年最後の更新となります

たくさんの方の ブログ訪問 有難うございました

631市内

石切さん 参拝巡りも 今回で最終です

早朝から イコマの山に登り 沢山の出来事がありましたが

上之社で心を落ち着かせ ようやく 下之社に向かいます

632占い

上之社から下之社へと続く 参道商店街には 沢山の占い館が存在します

コロナで客が来なくなる事を 占い師は 占えなかったのか・・・

過去には 行列が絶えない店も あったそうですが 人気が無い!!!

633元宮

休憩がてら 見晴らしのイイ 展望台に寄って 山を再確認

地図で元の宮は 把握できているモノの たどり着けなかった

2680年前の 歴史に触れたかったのですが 残念です

634一の鳥居

まっ こんなストイックに 石切さんを参拝する人は 居ないでしょうが

参拝の基本は 一の鳥居から 境内を目指すが 正式だそうで

ひとまず 一の鳥居がある 場所まで来ました~

635社額

鳥居と言っても 石切さんの 鳥居は10mは超えています

昔から 参拝客が集まる神社は 寄付金が多のか・・・

とにかく 立派すぎて 強烈なパワーを感じます

636発見

そして 立派な神社には 必ず有るモノと言えば~

前方に見えて来ましたっ さて 何だと思いますか?

637橋

ズバリ 『 橋 』なんです!!!

神に近付く前に 川で身体を清め 罪ケガレを払い除ける

ミソギ橋と呼ぶ 川に掛かる 橋があるのが立派な証拠

638二の鳥居

とは言え 誰も川に入ってませんし 既に干上がってます!!

そうこうしていると 次に 二の鳥居が見えて来ました~

639立派

いや~ マジで デカイわっ

なんかテーマパークみたいで ワロてまうがな~

鳥居が見える毎に 軽く会釈して下さい もちろん端を歩いて下さいネ

640灯篭

灯篭にしても 本当にデカイ!!!

一の鳥居から ここまででも 長い表参道です

そして~ 次に見えますのが コチラっ

641絵馬殿

絵馬殿です!!

絵馬殿と言っても 現在 絵馬はココには 奉納されていません

神様の乗りモノとして 神馬の話がありますが 馬も居ません

642屋根

特徴と言えば 絵馬殿の屋根に 注目です

解りますか? 剣と矢のモチーフが・・・

石切さんの正式名称は 石切劔箭神社です

645宝を

その由緒は 天照大神から 神宝として 剣を授かる神話からきています

その剣は 岩を打ち砕く名刀で 今では腫れモノさえ 切り裂くと伝えられ

大阪府民は ガン封じの神様として 崇められて来た訳です

643あぎょう

絵馬殿には 授かった剣を手にする ニギハヤヒのミコトの隋神像

下之社のメイン的な ご祭神です 天照大神の孫にあたるとか・・・

644うんぎょう

そして矢を持つのは ニギハヤヒの息子にあたる ウマシマデのミコトです

親子の姿が見れる 珍しい絵馬殿ですネ~ しかも 口元が阿吽の形です

寺院でいう 仁王門の仁王像の役目なのか 観る価値ありますネ~

646三の鳥居

んで ようやく三の鳥居の 前まで来ました~

ここで右手に進むと また 山の頂上を目指すコースになります

色々あったなぁ~ 神がいる山は・・・

647拝殿

そして これまた立派な拝殿

何度か再興されてと思いますが 約2100年前から 鎮座しています

古墳時代からの 歴史ですヨっ スゴいですね~

648本殿

本殿も オーラがハンパ無いっ!!!

蘇我氏と物部氏の争いで有名な 物部氏の祖先がココの祭神です

仏教を勧める蘇我氏に対し 神や天皇を崇める物部氏

マジで神と仏の戦い そんな日本史の 勉強にも成るなぁ
 
649亀

そして 境内には まだまだ見どころが 有るのですが

話が長く成り過ぎるので つまんで話を 進めますネっ

上之社にあった お礼亀の池 覚えていますか?


650大量

コチラの下之社は お礼をする前の 祈りの亀を奉納する池があります

一匹が500円と言う事は ざっと見て 500匹いますので・・・

マジで儲かる神社の仕組み ボロ儲けやの~(冗談)

652ひも

社務所前のは 御利益グッズが並べられています

お百度ヒモも 有りますが 金額はオープン価格

要は賽銭方式で 強い願いなら 見合った対価を納めろ なのか?


亀にしても ヒモにしても 無料にしてもらいたい 

ボンビーな庶民から お金を取るの 神様って・・・

653絵馬

ヘンなコメントが来そうなので 金額の話はヤメといて

絵馬は拝殿の裏に 奉納されています

絵馬札に書かれた 切実な思いが 涙・涙・涙なんです


『 ママのガンが無くなる様に・・・ 』とか 涙~

『 子供に抗がん剤が 効きます様に・・・ 』とか 涙~

『 パパの出た腹が 引っ込みます様に・・・ 』とか 爆笑~

651御神木

まぁ~ 神に祈る気持ちは 解ります 色々とお願いしたい~

でも 神社は 神だのみを する場所では無く

感謝の報告をする 場所なんで 御神木などに手を合わせ

今 元気で生きている事を 神の守りとして 感謝しましょ~

657よこ

足も筋肉痛になりながら 境内を回り 拝殿の側に来ましたっ

写真の手前の祠には 稲荷 エビス 住吉 八幡 大国主の5の神様

なんでもアリ感がスゴイ 真中は 初代 神武天皇の祠です

654実は

そして 写真の奥の祠は なんと 実は・・・

早朝から登山をして たどり着けなかった元の宮

そして 参道を登って祀られている 上之社の~

656はるか

その宮々 遥かかなたを 拝む事が出来る 遥拝所なんです って~

え~ マジ~ 登山せんで よかったんかいっ

死ぬ思いで 薮の中まで入ったのに~

しかも 宇宙旅行にまで 行きそうになったのに~
 
658行事

こんなアホな内容で 今年も締めくくる ブログでした~

皆さん 山には登らなくてイイですから 初詣は分散して

密を避けて 年内に幸先詣でのつもりで 石切さんにどうぞ~

今年も有難う御座いましたっ よい お年を過ごして下さい


石切さん 第三編目は ホンマもんです

あぁ~ トイレに行きたいっ しかし 恐怖で行けない・・・

こんにちはビッグGです 前回 前々回の 続きですが

いいかげん まともな 参拝がしたい

594ほんま

そんな思いで 昼を過ぎた頃に やっと到着です

石切さんの ホンマもんの方です

そう 上之社の神社ですヨ~

595施設
 
しかし ここに来て また更に ヘンな施設を発見!!!

鳥居の左にある大きな施設 民間信仰の信徒さんが 建てたらしい

数年前に 閉鎖されたみたいですが まぁ~ デカイ!!!

596夢観音

町おこしで将来的に 占いの館にする計画が あるとか 無いとか

本当に昔から根づいた スピリチュアルタウンだと 感じます

何が祀られようが 全ては神様的な・・・ サティアンが建つのか?
 
597本気

気を取り直して マジで参拝に向かいます

一の鳥居で かるく会釈して 石段を登りますヨ~

既に 山を登って降りて また 登って降りて ヘトヘトです

598手水

色んな事があった 前回 前々回 ここで新たに 身を清めます

日が傾き出しましたが 先ほどとは違い メチャ明るい!!

599柄杓

恐らく 宇宙に行く トンネルの中に居たのが 前回ですかネ~

ヤミ過ぎて 暗く感じ 早く光を見たかった!!!

コロナ対策で 柄杓は無いが 顔も洗ってケガレを 祓いましたっ

600見はらし

まだ山の途中に居ますが 太陽と優しい風が 気持ちイイ~

やっぱり神社は こうでないとネ~

627下がり藤

社紋も石切さん オフィシャルの『 下がり藤 』です

ここで 真面目な話 この上之社は 昭和47年に 再興された神社ですが

前々回に挑戦した 元の宮に祀られていた ニギハヤヒ神は

なんと 元の宮から この場所に370年前に 移されていました

601拝殿

この拝殿も 昭和47年に 再興されたモノです

神は370年前から 257年間も ココに祀られていた訳ですが

明治40年に 神は次に 下之社へと 移されるんです

610ここ

その証拠に 石塔が祀られていて お賽銭も出来ます

1650年~1907年の 257年間もの期間 ここ奥宮で鎮座していた

元の宮から遡ると トータル2680年間も 拝まれています スゲっ!!

603荒魂

ただ ニギハヤヒの神は 昭和47年の再興された時には

同じ神でも 荒御魂(あらみたま)として コチラに現在も祀られています

荒御魂とは 勇ましい神の姿で 下之社より願いが叶いやすいとか・・・

602本殿

再興された 本殿ですが メチャメチャ 手入れされている

山中のこの場所でも ガラスがピカピカです

思わず手を合わせ 感謝を捧げます 

606立派

石碑側に回って ズームで撮影~

いにしえの~ 鈍く光る感じが 超~イイです

アカン 変になってきてる トランス空間やわっ

604神の

正面に戻って 拝殿前に来ましたっ

この台の様な石は しめ縄がされているので 座ってはダメです

祭事の時に 神輿やら 神具を置く 神域です

でもネ~ 長い石段を登って これ見たら 座りたくなるもんです

605お百度石

そして 石切さんと言えば お百度参り

一日で百日参るという事で 願いが成就するとされる 参拝方法

素足で行った方が 効果があるって言うけど よけいにイボが出来そう(笑)

607紐

お百度石と 拝殿をグルグル 百回も回り 参拝する訳ですが

こんな 便利な紐があります 束ねた先は100本になっていて

一周すると 一本づつ 折り曲げる

606社務所

そんな 便利グッズは 社務所で得れますが

上之社の社務所は 神事が行われる時しか 開いてません

グッズは下之社で 賽銭を納めて 得て下さい ( オープン価格 )

608丑の刻

お百度参りって 関西が発祥の様で 関西には馴染みがありますが

ワラ人形に クギを打ち込む 縁切りのコチラとは違います

来年の 丑年の 丑の日の 丑の刻には 恐ろしい事が起きそうな・・・

609神楽

話はそれましたが ここ石切さんでは 毎月 神楽が行われ

参拝客に人気の 神事です 幸先詣でに合わせ 行ってみて下さい 

上之社ではなく 下之社ですヨっ 詳しくはHPで!!!

611見頃

では もう少し 境内を散策しましょ~

気温が 一ケタに差し掛かると 紅葉が進みます

モミジの葉っぱが 見頃ですネ~

612おれい

境内には こんな祠もあります

願いを書いた紙を 亀のお腹に入れて 池に放つ心願参り

613亀

亀は二種類あって 下之社で祈願して 上之社でお礼する

祈願亀は500円で 願いが叶うと お礼亀は1000円です

なんで 値段上げるネン!!!

614感謝

んで 願いが叶ったら 上の社の この池に放って お礼参りする

一匹が1000円だから この池には・・・ もうかる神社の仕組み?

アカン そんな計算してる場合じゃない 心が乱れました

615エリア

心の乱れを整えるには コチラに行きましょ~

コチラは 石切さんの 御滝がある場所です

616石段

誰も居ませんが この狭い石段を 落ち葉でスベリ落ちない様に 

足元を注意して 登りきったら~

617更衣室

お着替え室に到着~

そうです ココは白装束に着替え 滝に打たれて身を清める

ミソギの滝行場です その神なる滝は~

618滝

ジョウロかいっ!!! 

いやエコかな~ それともセンサー反応かな~

もうエエわっ どっちみち寒いから パスしますが

本気の方は 下之社の社務所で 申告してからだそうです

619婦人

続きまして 境内にあるコチラ ご婦人方の 神様と申しましょうか 

神話では 夫( ヤマトタケル )の乗る船が 荒れ狂う波に遭い 

妻( オトタチバナ姫 )が 安全を誓い わが身を海に投げた

すると 波は落ち着き 夫の航海は無事に 終えた・・・ 

620ひめ

そんな神話 今の時代では 逆の様な発想ですネ~

我が家なら ケツを蹴られ ビッグGが海に放り込まれてます

押すなよ~ 押すなよ~ ポ~ン ワシかいっ!!!

620婦道

アカン 今回は話が脱線しまくってます

それほど この場所は心地がイイと言う事で・・・

621しんさい

コチラの祭神 オトタチバナ姫は ヤマトタケルの妻です

もうひと柱の祭神 ミカシキヤ姫は ニギハヤヒの妻です

って 誰と誰やん って普通は思いますヨ

要は 上之社は 夫婦の神様が 祀られていますヨ~  

622閉鎖

んで もう少し 境内を散策すると 閉鎖した施設があります

ここも 民間信仰の信徒さんが 寄付金で建立した施設の様で

雨漏りなのか 復旧のメドがたたず 閉鎖しています

623勿体ない

こちらに ミカシキヤ姫が 祀られていた様で

閉鎖時に お隣の婦道神社に 移されました

民間信仰なので オフィシャルでは 無いって事かな?

624八代

そして 最後にコチラの摂末社を 参拝します

八代龍王って 法華経の仏教です 神仏習合かな?

とは言え 龍神信仰は稲作時代から 日本にあったモノです

625あまごい

なので ホコラは 池の中にあり 日照りが続いたら

コチラにお参りをして 雨を降らしたとか

雨ごいの 儀礼に参る方がいたのでしょ~
 
626マップ

以上が 上之社の境内全体でした~

石切さんの ホンマもんでしょ~ 参拝する価値は有ります!!!

さっ 身も心も落ち着いたので 更に下山しましょ~

628たぬき

って時に・・・・・ また野生動物が 出現!!! マジで怖いわ~

関西人 バーンって言ったら ピストルに打たれて 倒れるフリをするけど

タヌキも バーンって音をたてたら タヌキ寝入りすか 試したい

629公園

もちろん 臆病なタヌキは 無反応でした・・・ 当り前かっ

なにはともあれ ここまで無事に来れました

近くの公園で 一休みして 下之社に参拝します

今回も 超大作でしたが 長々と有難うございました

次回は 完結編を お届けします 年末かな・・・

あと 一歩でイコマの 山頂なのに・・・

さっ 前回の引き続きで 石切さんに 参拝する予定です

お早うございますビッグGです 生駒の山頂付近から お届けしま~す

標高約420mまで登頂 この先の山頂に行かずに 下山開始です

562下山

由緒ある寺院の 興法さん 季節がイイ時に また来たいです

その時までには いま以上 足腰を鍛えておかないと・・・

それと 誰かと来ないと 寂しいし 何かしら恐怖だし

563もみじ

しかし この時期ならではの 紅葉は堪能できました~

でも やっぱりソロ登山や ソロ参拝は どこか心細い・・・

564倒木

ある意味 誰にも気を使わず 自由に行動が 出来るんですが

こんな 倒木を目にしても 誰とも共感できない・・・

565遺跡

下山途中の この遺跡がある 分岐点に来たところで

どうするかは 自分で決める事だし ちょっと行きたいが

やっぱり ソロは 不安な気持ちが勝ち ヤメときます

566闇

下山途中 廃寺らしき 施設を見ると メチャ気になるんです~

誰も居ないと 解っていて 誰かが出てきたら どうする?

懸賞金1000万円の 指名手配犯なんかに 出くわしたら

ヤル ヤラれる ヤラない もう 頭がヘンになる(笑)

567工場

なんだかんだと 色んな事を考えながら

無事 平和に中腹まで 下山して来ました~

皆さんの期待は 霊山らしく 怪奇現象が 見たかったでしょ~ネっ

568ほんま

んで 石切さんの ホンマもんの方に 到着~

わずか30分で 山頂付近から ココまで来れましたっ

さぁ~ では 本格的な参拝を しましょ~

569何

ん?   鳥居に頭を下げた時 右奥に何やら見える・・・

また 良からぬ事が 起きる予感がしませんか?

ちょっとだけ 近づいて 見てみますかっ

570出た

あ~ やっぱり 良からぬ予感が 的中~

来ちゃダメよ~的な 看板が目に入ったっ 行かない方がイイかな~

はい~ もちろん 覗くだけです チラっとね

571地図

地図で確認 から下山を開始して 経由で現在はです

地図上でも に 寺院があります

また 朝鮮寺と予想は出来ますが 行ってみよ~

572神社

えっ いきなり神社があるやん

ん~ん 地図には記載が無いが グーグルには記載がある

また 廃寺か管理人が不明なのか なんか 怪しいぞっ 

573一の鳥居

とりあえず 一の鳥居には 白い光の大神の社額が・・・

白い光って言えば 皆さんもご存じかと 思いますが

コチラのポールが 有名ですよねっ ↓ 

593イースポール

これって 小学校の敷地にも あった気がするが・・・

全ては宇宙そのもの 光そのもの とかの教えだった様な

ヘンな事は 言わないでおきます 進みましょ~ 宇宙へ(冗談)

574二の鳥居

数歩 進んだだけで 社額の社標記が 変わった・・・

なんで? 見える範囲では 拝殿らしき社が 二つある

だからかなぁ~ なんか しっくり来ない!!!

575拝殿

とりあえず 正面に見える 拝殿から参りましょ~

ガラスも綺麗だし 人影は無いが 手入れはしてあります

んで もう一つある 横の拝殿を見てみましょ~

576神仏習合

ん・ん・ん? 

地蔵尊です 神かなと思って 見まわしましたが

中を覗いても 如来像が祀ってある 神仏習合ですかネ~

577怪しい

あの 二の鳥居の社額の神社は どこなのか・・・

少し進んでみる事に しましたが~ この先にある予感が

578看板
 
草むらに隠れた 看板に目をやると

この先に 色々な奥の院が 存在する事が判明~

もう 行かないでおこうと思いましたが 見たいでしょ

579熊繁

あら やっぱり見つかったっ 先ほどの 二の鳥居の場所が

石切さんと どんな関係なんでしょ~

580かたばみ

ん? 社紋が石切さんの 下り藤では無い!!!

フジでは無く カタバミなんで 別の宗教組織ですネ~

ホンマに個性が有り過ぎる このエリア

581貫通石

お賽銭を入れる 賽銭箱の上に 大きな石が置いてます

しかも ビニール袋が被せてあって 何かと思いました

トンネル工事の貫通石です 犠牲者の慰霊かと思いきや

安産祈願を唄っている ゴメンなさい ヘンな想像を してしまった

582気に成る

まだ 参道の入り口付近なので この先が 気に成るなぁ~

人影も無いし ちょっと不安ですが 皆さん見てみたい?
 
583ここも

さっきの 一の鳥居の続きっぽい 神社なのか 別モンか

同じ社標記なんで この一体が その宗教団体なんでしょ~

584こっちも

そして 左を見て 右を見ると また同じ社標記です

とにかく 独特な雰囲気の エリアで間違い無いです

585さらに

また 石段を登ると 教団施設の様な 教祖本部の様な・・・

まったく参拝客が いないので さっぱり解りませんが

チラッと 人影が解るので お勤め中だと思います

586行場

すると 滝行が出来る 看板を発見し

上から覗いていたら 管理人の方らしき オバサンが現れた

『 よく お参りで~ どうぞ~ 』 なんて言われ

手にした袋を見ると 買い物帰りの ニコやかなオバサン

おしゃべり上手な 安心感を与えるオバサン 勧誘? (失礼)

587個人

中を見せてもらいましたが 本日は滝行は していません

との事でした~ ヤバかった~ ある意味セーフ

こんな寒いのに 滝に打たれたら 即 宇宙やっ!!!

588発見

この先にも 滝があるって 話を聞きましたが

どう見ても 怪しい・・・ 弁天様の滝らしい・・・

そんなに宇宙旅行に 行かせたいのかっ

589倒れている

地図のに来た所で 標高差なのか メチャ耳鳴りがする

この先にが 有るのだが この看板の傾き方が 物語る

墓は見えるし 人影が全く無い 写真すら撮るのが恐怖

630あり

振り向く事も 出来ない

一人ですよ マジで 一人なんですよ

先は ちょっと明るい でも 耳鳴りが~

590ダメ

見て下さいヨ~ この朽ちた鳥居 行ってイイの? 一人ですよっ

地図でも あと100mなんですが 行きますヨっ

皆さん 見たいでしょ 怪奇現象がぁ~



591無理

んで 到着!!! もう帰ろヨ~ 

べんてん様の滝って書いてますが マジで宇宙に行くわっ

滝に打たれて 深呼吸して 掌を天に向け 有難うと唱える

大宇宙からの エネルギーを 感じて下さい って事らしい

ヘンな事は言いませんので もう勘弁して下さい

592落石

いいかげん 次回こそは ホンマもんに参拝します

これ以上に 今回の詳しい内容は ブログで書けません

科学では説明不可能な 神が降りてくる場所だと・・・

そういう事で 霊山巡りの? 今回は締めます 

ホンマにビビったわ!! また次回に期待して下さ~い





 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ビッグGとあろは

Author:ビッグGとあろは
自宅ハワイアン化
計画実施中!
夫・ビッグG
妻・あろは
二人でハワイアンなリポート
お届しま~す♪

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
リフォーム (8)
Kids (61)
サーフィン (114)
おでかけ (54)
立ち呑み (122)
料理教室 (45)
出来事 (75)
ハワイ (40)
スノボ (2)
新築計画 (8)
素潜り (6)
カリフォルニア (3)
工務店 (21)
スカウティング (1)
参拝 (7)

月別アーカイブ

あろは検定

ハワイ語辞書"

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

最新コメント