FC2ブログ

2020-06

久しぶりの 二人の時間

県をまたぐ移動の 自粛要請が やっと全面解除されました
海の駐車場も 再オープンしましたヨ~

って事で 大阪から和歌山まで 来ましたビッグGです

203イソコ

梅雨の合間の 晴れた日を狙って 朝の8時に出発

海に着いたのは10時でした 早速 入水しましょ~

204ボード

前回 海に来たのは3月なので 肌寒い感じでしたが
あれから3ヶ月 自宅にこもりっきりだったので
正直 何を着て入水するか 迷いました

サーフボードは 2枚積んで来ましたヨ~
今日の パートナーは この人です

205遭い方

ジャーン あろはと二人で 海に来ましたヨっ

なんと あろはは1年ぶりの 入水です

そうなんです 思い出して下さい 1年前のハワイぶりなんです

206あろは

本当に 年に一度しか 波に乗って無い気がしますが・・・

それでも 頑張って 海にエントリーして行きます

208パドル

ビッグGも あろはも コロナ太りで運動不足

パドリングも必死にならないと 波に置いて行かれます

ガンバレ~

207ライド

大きな波には 乗れませんが ビーチのインサイドで

何回も 何回も 波をキャッチして 乗っています

209インサイド

打ち寄せる波に 足元をフラつかせながら

繰り返し 沖に向かいます

もう 腕はパンパンになってますが 今日は気合が見えます

210最高

やっぱり 海は最高なんでしょ

カメラを向けると この笑顔ですから

211お疲れ

って言うのも つかの間で 限界が30分でした~(笑)

よく 頑張りました~ 一休みして下さい

212マイボード

かわって ビッグGが海にエントリーします

キズや穴が開いた ボロボロのサーフボードでしたが
自粛期間中はヒマで ボードのリペアをして 綺麗になりました

213キャッチ

平日なので 人も少なく 波に乗れましたが

まぁ~ コロナ太りは置いといて 肩が回らない

運動して 痩せないと イイ波に乗れません

214もういっちょ

アウトから インサイドまで 波を乗りつぎ

テケテケしていますが ビア樽みたいな体型で

ターンにキレが無い 本当に情けない・・・

215磯子亭

夫婦 互いに体力限界の 時間が短く 何をしに来たのか(汗っ)

もっと 海に入ろうヨ~ なんて お互いが言わない

なんなら 休憩 休憩 休憩~ ばっかり言っていました アカンわっ
 
216おでん

入水時間より 移動時間の方が長い・・・

なんなら この至福の時間の方が もっと長い気がするなぁ

おでんは どれでも90円です 美味しそうでしょ~

217熟睡

当然 こう成ります 

帰りの運転は あろはに任せて ビッグGは呑みま~す

自粛生活から やっと解放され メチャメチャ気持ちがイイっ

218また

潮の香りと 冷えたビール

あぁ~ 生き返った気分です また来たいな~

さぁ~ 夕方4時までには 大阪に帰らないと
小学生の子供が帰ってくる 急がないと・・・

また 都会の現実に戻ります チ~ン



本職は ペンキ職人だったりして

また この時期が やってきた!!!

外出自粛生活 まだまだ 続いているビッグGです

172ペンキ屋

今回は 我が家のベランダの ペンキ塗りですが
ベランダの一部が 風合いを出す為 木材で出来ており
2年に一度は 塗装をして 木材の保護が必要なんです

173マスク

前回は 入居して1年で塗装をしました

木材は毎年塗り重ねるほど 丈夫になるのですが

なにぶん素人なので 時間がかかる・・・

174養生

一番 面倒くさいのは マスキングの養生です

でも これを怠ると ペンキで汚れ 更に面倒くさくなる

なるべく 涼しい日を選んで 気合を入れて 決行しますっ

175外壁

サーファー仲間 ナンちゃんから借りた 養生シート

メチャメチャ 助かりました~ アリガトウ

何から 何まで 相談に乗ってくれます

176道具

では 早速 塗装しましょ~

塗料は 屋外用の油性の塗料です 油性独特のニオイは有りますが

伸びが良く 塗りやすい 5年耐久の塗料です

177はけ

DIYで塗装をする人が 多くなってきましたが
皆さん やっぱり色々な工夫をされています

ビッグGも失敗から生まれた 工夫のひとつに
ハケの液ダレ防止で 写真の様に布を巻きます

178バケツ

塗料を入れる バケツにも ダレ防止を施します

この ダレ防止は 本当にダレません

179塗料

その 効果を お見せしますよ~

先ずは ハケに塗料を付けます 

180不要

ハケの先だけ 塗料を付けたいのですが
どうしても ハケの金具にも 塗料が付いてしまう

このまま 塗装すると 知らぬ間に 金具に付いていた塗料が・・・

ポタリ って成ります(汗っ)

181しごく

そこで こんな感じで 金具に着いた塗料を

施した布で ぬぐい取ると~

182きれい

ジャジャ~ン 

金具の塗料が 拭きとられました~

後は 余分な塗料を フチや網でシゴキ 調整します

183緊急

それでも 万が一 余計な個所に 塗料が付いたら

速攻でシンナーで 拭きとります 乾く前に拭きとる事が大切です

184撹拌

もう一つ 大切な事は 塗料の撹拌です

しっかり撹拌しないと 色ムラは出るは 塗装割れは起きるはで
まったく イイ仕上がりに成りません

4へんある 塗料缶の角を 1点のみ地面に着け揺する事30回
4へん全て揺すったら 缶を引っくり返して また繰り返す
フタを開けたら 撹拌棒で混ぜて またフタをして揺する

特に 淡い色の塗料は 重要な作業です

185ベンダ

今回 使ったハケでも ベンダーと呼ばれる すぐれモノ

狭い隙間や 手の届かない箇所にも 塗れます

自在に金具部分を 曲げれるので 裏側も塗れるんです

198完璧

そうして 塗装をしたベランダも 乾燥させて

更に 二度塗りを終えたら 出来ました~

マジで 時間が掛かる作業です・・・

186はしご

でもね ベランダの内側が塗り終えただけで

今度は 外側も塗装しないと・・・

これまた 大変ですが 2連ハシゴまで借りたので ヤルしか無いっ!!!

187ばるこにー

バルコニーの内側にも 短いハシゴを用意して

家とハシゴを固定します

189ハーネス

えっちら ほっちら 恐る恐るハシゴを登り

ハーネスベルトに 命綱を通します

188本結び

命綱の片方は ハシゴと括りつけ 塗装段階に入ります

塗装個所は 家の2階部分なので 高さは5メートル程です

190高所

こんな 感じで少し塗装しては ハシゴを移動して

また 降りて登って ハシゴを固定しての繰り返し

191高い

実際 上から地上を見ると~

ひょえぇ~ って成りますが 塗っている時は
塗装面しか見ていませんので 気に成りません

192ビッグG

しかし 塗料の入ったバケツを片手に
慣れないハシゴを 登るのは大変なので~

あろはにヘルプを お願いします

こんな感じで 登ってきて 隙間から声をかけると・・・

193おりてくる

なんと 頭上から 塗料の入ったバケツを
あろはがロープで吊り下げて 手渡してくれます

手をすべらすと 塗料をブチ撒ける
そんな事が起こったら 最悪でしょう

194となり

塗装面は お隣さんの 敷地にも面しているので
お願いをして しっかり養生をして 足場を立てます

が・・・ 路面が右に勾配していて 斜めにしか
ハシゴが伸ばせない状況 

このまま登れば 体重が右にかかり バランスを崩しかねない

195固定

そこで 斜度があっても ハシゴが固定できる方法がコチラ
4つのロープを使い しっかりと固定します

ハシゴ自体が 左右はもちろん 前後にも倒れません
ハシゴの一番上も 家と固定すれば 完璧です

197外壁

お隣さんの 迷惑にならない様に 数時間で塗りましたが

まるで見違える程に 綺麗に塗装が出来ました

自粛生活だから 出来たのか? よく解りませんが

196職人

ヘルメットも着用したビッグGの 本当の職業は何なのか・・・

その辺の サラリーマンなんですがネ~

見た目重視の 格好から入いる ただの目立ちたがり屋です(笑)


ステップワゴンで バンライフ (ベッド作り)

前編に引き続きマイカーの プチ改造を お届します

ブログ更新を サボっていました ビッグGです
前編は食卓作りでしたが 今回は移動する家 車内ベッド作りの発表です

161マイカー

車中泊と言われていた言葉が 今やバンライフと呼ばれ
最小限の荷物を積んで 宿など泊まらず 気ままに旅に出る
自由なスタイルが好きな サーファーにピッタリな様式が
新たな週末の暮らし方として 注目をあびています

そんな中 私のマイカーを 紹介したいと思います

132シート

本来 車の床の内装は ニードルパンチカーペットと呼ばれる
フェルトの一種ですが 海によく出かける我が家は
砂がカーペットに付くのがイヤで DIYでシートを貼り付けています

133後部

シートは ダンボールで型枠をとり 汚れが拭きとれるシートを
床の全面に 両面テープで張り付けただけです が・・・
これが 最適で安く仕上がります もちろん車検も通る!!!
 
変に木材パネルで床を作り ボディーに打ちつけると
車重が変わり 車検に通らない場合がありますヨ

いつでも外せる様に 車検時はネジを外して下さい って言われますヨ

134サードシート

そして 週末だけ車中泊仕様にしたいので 普段はこんな感じですが
いくらシートを倒した状態にしたとしても 凹凸があり

サードシートと セカンドシートを つなげて倒しても~

135おうとつ

ご覧の様に 凹凸だらけで 快適に安眠出来ません・・・

とても ベッドとは思えない程の 段差だらけ~

136天板

そこで!! サードシートの座面と同じ型の 板を作り

137はめこむ

サードシートの座面に乗せます ( ↑ 車体後方から撮影)

138脚

板が ひずまない様に 脚をパイプで作ります

これだと シートの上に板を乗っけただけなので 車検は通るし 
我が家は4人構成なので サードシートは 必要ありません!!!

サードシートを無理に取っ払うと 車検に通りませんヨ
外すなら 車体構造変更届けが 必要です

139マット

あろは手製のマットを敷けば こんなに立派になります
常時 この状態ですので 上にも下にも 荷物が置けて 便利です

仮眠くらいなら 出来ますし フラットなのが見た目にもイイ~

140後ろから

もう一度 車体後方からの撮影ですが サードシートが大変身
めちゃめちゃ イイ仕上がりでしょ~

続いては セカンドシートを工夫して見せます

141天板

サードシートと同じく 別の形の板を作ります

142乗せる

セカンドシートを倒し 先ほどの板を 上に乗せたら~

ハイっ セカンドシートから サードシートまで フラットに!!

143ベッド

お手製の マットを敷けば クイーンサイズベッドの 完成です

シートを倒して 板を乗せるだけの手間で 2分程で設置できます

144乃転がる

実際に子供に寝てもらうと 広すぎる程の空間が完成~
大人二人で寝ても 肩がぶつからない程 広々~

これで 宿いらず(マジで)

大人二人が 広く寝れたところで こども二人はどうする?

145天板

って事で~ 助手席を工夫して シングルベッドを作ります

こんな 板と いびつな形の木材を準備

146手すり

助手席を リクライニングさせて~
いびつな形の木材を 後部席の手すりに 通す

147倒す

いびつな形の理由は 運転席はリクラインングせずに

しっかりとハンドルが にぎれる様に 限界まで倒せる仕様です

148ずれない

その いびつな形の木材に 板を乗せて 

就寝時に 板がずれない様に ストッパー加工をします

149調整

板が 水平に成る様に 隅を調整します

150シングル

またまた 手製のマットを敷けば~

シングルベッドの完成で~す

151寝る

実際 150㎝の子供に 寝てもらいました

まだ 数年はココで 寝てくれそうです(笑)

152どうする

でも ベッド仕様のまま 走行はシートベルトが出来ないので
違反ですし 命にかかわるので 非常に危険走行です

じゃ~ 板は どこに収納するの? って話ですよネ~

153天井

そんな板も 走行中に気に成らない場所が マイカーには存在するんです

天井の手すりに パイプを通して ハンガーバーを常設しています

3メートル弱の 長いモノでも 収まるスペースがあり

154収まる

セカンドシートの板 助手席の板 マット類 全てが収納出来るんです

そんな 邪魔な板を天井に乗せて と思うでしょ

この車のイイところは 低床設計なので 頭上が広いんです

155余裕

足の短い 座高の高いビッグGでも 頭上が気に成りません
移動時の走行中は 頭上に収納 乗り降りにも気に成らない

素敵な場所で 今夜は寝る って決めたら~
数分でベッドに 変更が可能です 最高~


あっ もう一人 子供が居た事を忘れていました・・・

156まだまだ

もう一人のベッドは 車輌の後方に作ります

本当にサードシートに 人を乗せない前提での 設置ですが

写真の様に サイズを計り 工夫をしてベッドの基礎を作成

157げた

走行中でも きしまない様に ピッタリと板を乗せれる ゲタを設置

もちろん 車体には打ち込まず 乗せた状態です

左右に車体が動いても サイズがピッタリで ピクリとも揺れません

158すみあわせ

そのゲタの上に これまたピッタリとハマるように 型をとり

隅の隅まで サイズを合わせた 天板を作りました

159固定

DIY見習いの ジネンにビスで 天板とゲタを固定してもらいます

ガリガリなので 狭い場所でも 作業が出来ます(笑)

しっかりと固定したら 次は前後にも動かなく成りました~

160二段

見て下さい ステップワゴンに 二段ベッドが出来ましたヨっ

これで普段は 荷台が3段仕様に成っていて 

キャンプ道具でも そうとうな量を乗せる事が 可能です

162荷台

でもね ベッドも広く確保できて 荷台もあるが
4人家族とはいえ アウトドアグッズが 山ほどあり

正直を言いまして 車内が荷物だらけに 成ってしまうんです(汗っ)

写真のRVボックスで 荷台が埋め尽くされる事も しばしば・・・

163グッズ

どうしても 家族の趣味のマリングッズが かさばる かさばる

一度 広げて見せましょうか?

164中身

これ 海や川に潜るだけのですが 必需品なんで・・・

写真以外には 家族分の ウェットスーツ サーフボード 
釣り竿 クーラーボックス 昆虫採集グッズ 等など・・・

前編で紹介した キッチンツールや 机にイスが床下に
もう どこにも積めない ってなるでしょ~

165コツ

最終手段は 車体のルーフキャリアに乗せるしかない~

でも こんな大きなコンテナボックスを 乗せるの大変~

って思う方 見ていて下さい コツがあります

166荷締めベルト

キャリアに乗せた荷物の固定に よく使われるベルト

このベルトって 一人で縛るのに あっちにベルトを投げて
あっちに回り込み キャリアバーにベルトを通したら
そっちにベルトを投げて そっちに回り込み ベルトを締める

うまくイケたと思いきや ベルトが途中で捻じれていた なんて・・・
また 捻じれを修正するのに あっちに回り~ みたいな事になる

167先に通す

そんな アホみたいな経験のある方 まぁ~ 見ていて下さい

先ずは 荷物をキャリアに乗せずに 先にベルトを通しておく

168手前

手前のベルトの端を 写真の様に工夫をして 

ベルトが捻じれていない様に はさんだりする

169押し上げ

次に 荷物とベルトを同時に 持ち上げる様にして

そ~っと 荷物でベルトをバーの奥に 滑らせて 荷物を置く
 
170こうなる

すると 上の写真の様な状態にまで 成るんです

要するに あっちに行かなくて済むし 
バーにベルトを通しに 行かなくても済むし
捻じれも発生しなくて済む

171直す

最後に 手前に挟んでいた ベルトの端を バーに通して縛れば完成~

アホみたいな経験をしていた方 笑えるでしょ~ めちゃ単純な方法です


では サーフボードも積んで

199ボード

ウェットスーツも積んで

200ウェット

クーラーボックスも積んだら 出発

201クーラー

車中で快適に寝れて 時間や場所を気にせず 旅を楽しみたい
景色の素敵な場所で 夜を迎え その場所で目覚める

202いそこ

都会を離れて スローな週末を過ごしましょ~

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ビッグGとあろは

Author:ビッグGとあろは
自宅ハワイアン化
計画実施中!
夫・ビッグG
妻・あろは
二人でハワイアンなリポート
お届しま~す♪

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
リフォーム (8)
Kids (60)
サーフィン (114)
おでかけ (53)
立ち呑み (122)
料理教室 (45)
出来事 (75)
ハワイ (40)
スノボ (2)
新築計画 (8)
素潜り (6)
カリフォルニア (3)
工務店 (21)
スカウティング (1)

月別アーカイブ

あろは検定

ハワイ語辞書"

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

最新コメント