FC2ブログ

2018-07

時にはペンキ職人です

異常なほどに暑いですネ~
ほんとうに久しぶりの ブログアップとなります
皆さん お元気ですかぁ~

344ルーバー 

今回は 自宅テラスのルーバーを 再塗装します
天然木材を使用している為 数年に一度は塗り重ねが必要です
築一年のまだまだ新築ですが 出来る時に塗装しておかないと…

345テープ

んで 建築時にペンキ屋さんに 色々教えてもらった塗り方を
アマチュアなりに 頑張って塗装をしますヨっ
先ずは マスキングテープですが コレがイイと教わりました

346マスク

このテープ 他のマスキングテープとは違い 水に強い
凹凸があっても貼り付き なおかつ糊が残らない
正に外壁に適したテープです 少し高価ですが…

347マスカー

そして このマスカーと呼ばれる商品も 塗装には必需品です
簡単に養生が出来ますが テープの粘着がキツイので
デリケートな面には貼れません 弱粘性のテープを重ね貼りします

348そのいち

先ずは適した長さでカットしたら ビニールナイロンの部分が
畳み込まれたスカートの様になっていて それを延ばし広げると~

349そのに

ハイ~ 簡単に養生が出来て 塗料が垂れても汚れません
ペンキ屋さんは マスカーの使い方が 上手なほど腕がイイです
塗るよりも 養生の方が苦労する作業なんでネっ

350養生

とにかく 養生が決まれば 塗装作業の7割が片付いた
と言っても過言では無いそうです 本当に時間が掛かりました
建築時に写真を撮りまくっていたので 参考にはしましたが難しい~

351塗料

今回の塗料は油性です 屋外用の木材保護塗料を塗ります
色はワイスカラーと言って アメリカのガーデンフェンス用です
中々このワイスカラーを置いている ホームセンターが少な

352撹拌棒

塗料缶には 顔料が底に沈んでいるので 撹拌が必要です
撹拌する為の 棒が売られていますが 使い捨てなんで自作します
コンビニでタダでもらえる お箸とスプーンです

353自作

自作の撹拌棒なんで 長さも自在に調整可能~
しかもタダで作れるんですから これ以上のモノは無いでしょ

354キッド

そしてペンキバケツも 油性塗料なんで 使い捨てがイイ
なのでバケツの中身だけを 使い捨て出来る キッドがある
なんて便利な 世の中なんでしょ~ DIYにはもってこいです

355注目

そして 二か所に注目 コレって建築時のペンキ屋さんに教わった
非常に便利なアイデアです ダブルハンドルを 捨て布でまとめる
その捨て布が イイ仕事をするんです まぁ~見てて下さい

356必殺

刷毛の先は ネット状の個所でシゴク事により
刷毛に含む塗料の量を 調整出来ますが
問題は 刷毛の根元の金具に付いてしまった塗料です が…

357ダレない

なんと まぁ~ 捨て布で金具部分をシゴキ
刷毛を逆さまにした時などの 液ダレが防げるんです
結構 金具にダレが溜まり 逆さにした途端 ボトリっ ってあるんです

358ほそふで

では 早速 塗装していきましょ~
ホコリは綺麗にシンナーで拭きとり マスキングをしてから塗装
塗装面の奥の塗り難い個所から 細い刷毛で塗っていきます

359ビフォアフ

刷毛を持ちかえ 大きな面は たっぷりと塗料を染み込ませ
中央から端へ また中央から端へ と塗ると綺麗に塗料が伸びます
しかも 少し高価な柔らかい刷毛で塗ると 刷毛跡が残りません

360一度塗り

朝の6時から始めて 昼過ぎまで掛かり ようやく一度塗りが終了
流石に油性塗料だけあって 匂いがヤバイ シンナー中毒です
この日は程良い風もあり 気温も高かったので 上手くいけました
そして 職人さんに教わった すご技をもう一つ紹介します

361ふで休め

お昼休憩後や 翌日に刷毛を使う場合 わざわざ刷毛を洗わなくても
光を当てず 空気に触れず 袋にシンナーを少し入れて
写真のように ハンドルに刷毛を挟み 袋の口をテープで縛っておけば 
刷毛に含まれた 塗料が固まらずに すぐに使えますヨっ

362完成

まる二日掛かった ペンキ塗りも 無事に完成しました
養生も上手く出来 全く汚すことなく 成功です

363職人

本当に暑い中の作業でしたが ビールも飲まずに頑張りました
って よく考えれば A面が完成しただけで B面がまだです
家の二階部分なんで B面はハシゴ作業です どないしよっ

昆虫博士は ブリーダーです

ご無沙汰しております ビッグGです
やはりPTAと言うものは 学校の活動だけでは無くて
町会 地域の活動ばかりで 本当に忙しい・・・

って事で ブログが更新出来てませんが
ジネンが飼育していた カブトムシが成虫に~

324オスメス 

昨年の夏に オスとメスの つがいで飼っていたカブトムシですが
ここまで繁殖するとは 想像もつかず 同じカゴで飼育していました

325幼虫だらけ

すると昨年の秋ごろに卵を産み 60匹ほどの幼虫が
土の中から 出てくるは出てくるは 本当にヤバかった

326小分け

昆虫好きのジネンは 大喜びで育てる勢いでしたが
流石に60匹は 諦めてもらい 友人に引き取ってもらい
100円均一で プラケースを購入して 飼育しました

327独身寮

独身寮を作成し 秋から冬まで 霧吹きでお世話をして
何度も土を変えて 育てました

329冬眠

やがて 気温が15℃を切り 寒くなってきたら
動かなくなって 冬眠に入りました
この期間は 何もすることは無く 楽でした

328五月

今年に入って 春が訪れ 気温が15℃を超える日が来た途端
幼虫が冬眠から覚め 活発に土を食べるようになりました

330さんれい

脱皮を3回繰り返し 3齢幼虫まで大きく育ち
栄養価のある 土に交換して 更に大きな幼虫に育てました

331下旬

梅雨時期に入ると 白かった幼虫が 茶色くなってきて
もうすぐサナギに成ろうとしています

332かたいマット

ここまで来たら サナギに成るときに 
体の周りの土を固め 蛹室と呼ばれるタマゴ型の部屋を 虫自身が造ります
少し粘りっけのある土の方が 蛹室の底が固まってイイみたい

333さなぎ

動かなくなってから 数週間でサナギに成りました
観察しやすい様に 人口的な 蛹室を細工します

334芯

ココからは 正に観察と飼育を兼ねた 人口蛹室の作成です
幼虫の数だけ トイレットペーパーの芯を取って置き
サナギのサイズに合うように 程良い長さにカットします

335そこまっと

飼育ケースの底に硬めの粘土質の 土を敷き詰め
ペーパー芯を縦に並べたら 芯が動かないように
芯の周りに 土を入れておきます

336おすさなぎ

飼育ケースから 一匹ずつサナギを手掘りします
この時 サナギを握ってしまうと 奇形になるので
大き目のスプーン等で すくう様に取り出します

337慎重

人口蛹室のケースを傾けながら 滑らす様に丁寧に移動
もちろんサナギだって ビックリして動きます
動かなかったら 死んでいる可能性が…

338住民

見事に観察できる 人口の蛹室ケースに移せました
ほぼ半分がオスで もう半分がメスでした
コノ時期は 水も要らない エサも要らない ひたすら観察です

339うか

6月末に夏日とも言える 気温の上昇で 
人口の蛹室に移してから たったの10日間で羽化しました
本来なら サナギの期間は一ヶ月ちかく掛かります
 
340朝方

陽が落ちてから羽化をして 朝方には羽根も茶色に成ってきました
サナギの抜け殻は 成虫の足元に有ります
程良いクッション材になって 奇形を防げます

341成虫

やがて モゾモゾとペーパー芯を 這い上がってきます
ペーパー芯ごと 観察ケースから抜き取り
カブトムシ小屋に芯を寝かせると ハ~イ出てきましたっ

342だらけ

見て下さい 次から次へと ほぼ同時に羽化し
成虫になって立派なカブトムシに 成長しました

ちなみに小屋には 現在オスだけを飼育しています
メスは別のケースで飼育して 秋ごろに交尾をさせて
ジネンに教育をさせ 来年度にむけて再スタートです
 
343虫博士

宿題もしない 勉強もしない ジネンですが
本当に昆虫の事になると 早起きして世話をします
そろそろセミも鳴きだすので 楽しみでしょうネ~

ココだけの話 サナギから綺麗に羽化して
奇形にならずに 成虫になる確率は 6~7割ですが
今回の人口蛹室ケースは 9割以上の成功率でした
30匹中 たったの2匹が羽化失敗で この世を去りました

死んで動かなくなったサナギを 可愛そうな事をしたと
ジネンは反省してました 素晴らしい教育ですっ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ビッグGとあろは

Author:ビッグGとあろは
自宅ハワイアン化
計画実施中!
夫・ビッグG
妻・あろは
二人でハワイアンなリポート
お届しま~す♪

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
リフォーム (8)
Kids (60)
サーフィン (110)
おでかけ (51)
立ち呑み (122)
料理教室 (45)
出来事 (75)
ハワイ (40)
スノボ (2)
新築計画 (8)
素潜り (5)
カリフォルニア (3)
工務店 (15)

月別アーカイブ

あろは検定

ハワイ語辞書"

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

最新コメント