2018-07

お江戸に 行って来ました

メチャクチャ ブログ更新をサボって スイマセンです

お久しぶりですビッグGです 今回は用事で東京に・・・

134江戸
大阪を夕方に出発して 新幹線で東京に

山手線に乗り換え ひと駅走った コチラで下車

135銀座
トボトボと歩き 行き慣れない大都会の夜に

いったい何の目的で こんなトコを歩いているかと申しますと~

136ビル
ようやく 目的地に到着 実はコチラのお店 ラーメン屋さんなんですが

グルメな方はご存知かと お店の評価を決める あのミシュランが

1000円以下で美味しい店を紹介する ビブグルマン評価を受けた店

 

もうラーメンもB級グルメとは言えない 味では無く質が問われる時代

なので こんな銀座のど真ん中でも 営業できるのか

137ラーメン
見て下さい 葉物無し メンマ無し ナルト無し 海苔なんて無し

そのコストを スープと自家製麺に費やした 究極のラーメン

低加水率の麺だから スープが薄まらない メチャ旨っ

 

大量の煮干しを使う 和風スープはゴクゴク飲んでしまう

低温調理の煮豚を沈めると これまた肉の脂がスープに溶けだす

口に運ぶ度に 食欲が加速する もちろん全汁でした~(笑)

138寝床
グルメリポートとは全く別で 実は本社出張が本来の目的で

寝床は某高級旅館でした ココでは大人しく おやすみなさい・・・

 

翌日は早朝から仕事をこなし 夕方前には解放され

会社提出の出張報告書を 無くさないうちに郵送(汗っ)

139新橋
スキップをしながら サラリーマンの聖地 新橋に繰り出しました~

やった~ ココまで来たら こっちのモンです 経費でタダ乗りです

自腹を払ってまで 東京なんて来ませんヨっ マジでっ

140天下
では 新入社員当時を思い出して 先輩に連れまわされた 店を冒険

あの時分は 毎日毎日が辛く 嫌な思い出しかない

会社を辞めて トボトボと大阪に帰れる訳でも無く 丁稚奉公していました

141高い
なんとも 懐かしい店に入ったモノの なんとまぁ~ビックリ

瓶ビールの価格が大阪の2倍です!!!!!

味は一緒なのに なんでこんなに高いの? 

142餃子
とにかく 名物のジャンボ餃子をハーフで注文

大阪とは違う餃子文化 ひと口餃子に慣れているから 大きい事!!

溢れだす肉汁は 正にジャンボ餃子が成せる技です 

143シュウマイ
更に名物 ジャンボ焼売を注文 サイズはデカイが高くないですか?

下味が かなり濃いめなので カラシのみでイケました

ビールを追加といきたいが 大阪の倍価格には遠慮せざる終えません

144やきとん
次なる店は 東京の豚ホルモン文化に 舌つづみとイキましょうか~

何店舗も展開する有名店 流行りの秘訣を探る為に入店

さ~あ ビールも もっと飲みたいし 早速お邪魔します

145高過ぎ
って え~ マジでっ ホンマにビール 高くないですか?

安く呑めるハズの新橋が なんでこんなにビールが高いんでしょう

本当に残念です 早く大阪に帰りたい・・・

146刺身
とは言っても 豚ホルを喰わずして 帰れないので

コチラを注文 刺し身と言ってもボイルしたものですが

食べてみたとこの 鶴橋の方が断然うまい

147ガツ
関東では馴染みの コチラも注文

しかし 名物とあってか この値段です 高過ぎやろっ

味は可も無く不可も無く 味気ない深みの無い なんやコレ(怒っ)

148タレ焼き
ならば タレ焼きの盛り合わせを注文

う~ん タレ自体は旨いが ホルモン本体の味がしない

5種 どれを食べても同じ味しかしない 残念でした~

149上野
だったら 若い頃に馴染んだ上野まで 足を運び

お口直しと行きましょ~ だんだんと陽が落ちて来て 

帰りの新幹線を気にしながら とにかく下車します

150立ち飲み
慣れていた上野も 中国人の店だらけ

なんとか頼りに ココの立ち呑み屋に到着

絶対 上野なら安く呑めるはず・・・

151刺身
おぉ~ やっぱり安い~ さすが上野~

3種盛りを注文したのに 5種も入っていて この価格~

でも よ~く見ると ほとんどが解凍品 マグロだってバチマグロです

サバ科の魚で マグロの味なんてしない アホか~

152出汁巻き
皆さんが注文していた 出汁巻き玉子を注文

う~ん これまた微妙~ 出汁と言うか醤油の味です

要するに 腰の無い卵焼きでしたっ やれやれ!!!

 

これで大阪まで帰っても 締まらないので

勇気を出して 若い頃に通勤途中 前を通るだけの高級店に足が向いた

153うなぎ屋
ご覧ください 見るからに高級そうでしょ~

湯島にある 老舗のウナギ屋さん 関東と言えばウナギかなっ

154うな重
しか~し やってしまった~ ココに来て4000円の品物を~

うぉ~ コレはフワフワで香ばし~ これこそウナギですっ

勉強になりました 東京はラーメンだけが旨い!! でしたっ(滝汗~)

155新幹線
って事で 最終の新幹線まで 飲みましたが

たいした収穫は無く 大阪に帰りました やっぱ大阪やね~

明日から また旨いモン 食べたおし くいだおれるゾ~

 

 

さぁ~ 夏休み 最終日です

親子で真っ黒になるまで 日焼けをしました

こんにちはビッグGです

今回で夏休みネタが終わります

1615招待券
ハワイに行けず 毎週毎週 和歌山と枚方(ヒラカタ)の ヘビロテでしたが

格安で済ます為には 近場でハワイを感じないと・・・

この招待券も 知り合いからの頂きモノなんでネ~ アリガトウ

1616ビーチパーク
自宅から一番近い ハワイに到着です ひらビーです(笑)

水着姿で電車に乗り込むのは もちろん我々家族だけです

日ごろからビーチスタイルが 楽なんですヨっ

1617チケット
行き過ぎて 招待券が足りずに モミジだけチケットを購入~

幼稚園児なんで 電車賃はタダですが 入場料は要ります

なんか1000円って 高く思えてきたっ

1618セミ
いつも通り 先に行って 場所を陣取る様に 言ったのに

ジネンは 途中でセミを 捕まえていやがる 何しとんネン!! 

ビッグGも遠足時に よく列から離れ セミを獲っていました(笑)

1619がらすき
今日は曇りのち晴れの 天気予報

オマケに夏休み最後なので ガラガラです

ビキニ女子は 寒そうです が・・・見とこ~

1620クーラー
たどり着くまでに ほとんど呑んでしまう

一応 運ぶのに 軽くする為に 呑むんですがネ~

コンビニで冷凍カルピスが 売っているので 冷やすのに便利です

1621バイト
アルバイト娘達も 営業期間中 お疲れ様でした~

職場の前はプール天国なのに 職場は熱地獄なんて

絶対にしたくないバイトです 若いから考えないのかなっ?

1622スライダー
今回は待ち10分程なんで ジネンはスライダーの繰り返しです

プールでは 走らない! 飛び込まない!

ジネンは完全に無視です 親の顔が見たいわっ 

1623パンク
挙句の果てには モミジと浮輪に 二人乗りするもんですから

補修しきれない程に パンクしましたっ

1624うどん
午前中は 肌寒く 温かいうどんが 旨いですっ

毎回 感動する きつねアゲの デカい事っ

1625モミジ

あっさり出汁と 甘く炊かれた キツネさんが 大好きなモミジ

こうやって 関西の女子になっていくんですネ~

1626ジネン
何でもイイから 笑いに持って行きたいジネン

一度 笑うと何度も何度も繰り返しやがるっ

そのうちオモロ無いモノも オモロなる なんやネンっ コレ!!

1627乾杯
うどんを食べ終わると 直ぐにプールに飛び込み

元気に遊ぶ子供です ビッグGは しばしマッタリと・・・

やがて 晴れ間が広がり 真夏に戻ったかと思うと~

1628爆睡
爆睡の お二人さん発見~ 太陽でコゲるぞっ

しかし 二人が離れない様に ロープで括っているトコなんて

流れるプールに どれだけ通った証拠なのか

1629終わり
本日も 最後のゲストになるまで プールを満喫しました

この方が温水シャワーが混まず ストレス無しでイイですヨっ

1630スポット
ゲストの皆が 駅に向い 帰っていきますが

ビッグGは帰りません 反省会が必要なんです(笑)

立ち呑みとは言っても オバちゃんが居間を開けて下さる

1631おでんと
ゆっくりとオバちゃんと 話をするのも しみじみイイもんです

夏でもメニューにある おでん 地酒のアルをチビチビやりつつ

明日からの学校と 仕事を考え 反省します (何を?) 

1632煮汁
帰宅したら 明日からの職場に持って行く 弁当を作成~

前回 海で集めた ガンガラを煮付けた 煮汁を利用します

1633醤油
冷凍保存していた 煮汁を煮詰め

牡蠣醤油の様な ガンガラ醤油?を 作ります

これに むき身のアサリを入れ 炊き込みご飯を完成させます

1634自家製弁当
同時進行で ホッケを焼き 出汁巻き玉子に 煮モノを作り

自作弁当の完成です 毎週の事なんで 手慣れたモンです

1635おつかれ
最後になりましたが 今年の夏も終わりました

まだ3年生ですが いつまで家族で遊べるのでしょう?

大きくなったら 親とは遊ばないですからネ~

 

ゴールデンウィークの 過ごし方

たった一日の休みの ゴールデンウィークでした

皆さん如何お過ごしでしたか ビッグGです

1477神社
今回は奈良県は斑鳩町にある 地元で有名な神社に朝早く集合

中々 子供と休みが合わないビッグGは ここぞとばかりに お出掛け~

1478名人
そうです この時期恒例の タケノコ掘りに来ました

親戚のオジサンに頼んで 入山です

山は色んな虫がいるので 靴下はズボンの上に履く 基本です

1479入山
当然 ジネンもハイソックスを ご覧の通りに履いています

もう 80歳近いオジサンは スイスイと山に登って行きます

カメラ片手のビッグGは もう入り口で息切れ~

1480イノシシ
直ぐに成長するタケノコは 穂先だけイノシシが食べてしまいます

一番美味しい部分だけを食べやがるっ

このまま放っておくと 竹になって伸びるので 足で折っておく

山を管理するのも 大変ですネ~
1481更に登山

今日はジネンの友達も参加 子供には色んな体験をさせて

人生を楽しんでもらいたい (ちょっとは宿題しろヨ~)

1482発見

やがて 子供だけで タケノコを発見

現在時刻は10時です う~ん だいぶ頭を出している

ここまで頭が出てると エグミがすごいっ 

1483ビッグG

先ずはビッグGが タケノコとはどういうモノかを 子供に見せます

子供の頃 休みの度に奈良の親戚を訪ね 遊びまくっていたビッグG

当然 タケノコ掘りもベテランです

1484もう少し
見ていて下さいネ~

指でさしている箇所に 親竹から伸びた地下茎があるんです

もっと 解りやすく 掘りましょ~

1485地下茎
ほらネっ 竹の様に硬い地下茎から タケノコは伸びてるでしょっ

では 実際に何処を掘るかと申しますと

1486ポイント
少しずつ廻りから掘り進み 腹側を見つけたら

腹側だけ掘り進めます そして地下茎の近くまで掘り進めたら

根元にクワを差しこみ テコの要領で掘り起こします

1487掘れた
見て下さい 途中で折れずに 綺麗に根元から掘れているでしょ~

無理に引き抜くと 簡単に折れてしまいます

慣れて来ると 周りの親竹を見ただけで 地下茎を探し当てれます

1488次々
ほらっ オジサンなんて工事用の道具で サクサク掘り出しています

流石にビッグGは ここまで上手に出来ません(汗っ)

モミジは掘るのは男の仕事 女は食べるのが仕事と言ってます

1489でかい
しばらくすると 子供だけでも大きなタケノコを

掘る事が出来ました 竹林の陰での作業ですが 汗だくです

1490収穫
では 本日の収穫は 小ぶりながらも 10本です

大阪では1本600円程で 売られています

奈良までのガソリン代が 浮きました~ ラッキー 

1491寸胴
奈良からは小一時間で自宅まで帰ってこれます

エグミが廻らないうちに 湯がきましょ~

実家から借りてきた 巨大な寸胴です(笑)

1492皮むき
鬼皮を剥くのを モミジが手伝い

しかし 剥き過ぎでしょ~

1493処理
頭をナナメにカットしたら 反対側に切れ目を入れておきます

たっぷりの水に米ヌカと 鷹の爪を入れて湯でこぼします

詳しくは二年前のタケノコ掘りの 記事でも見て下さい

1494いっぷく
早朝5時に起きて 支度をして 友達を呼びに行き

タケノコ掘りから 水煮まで作るのに 疲れてしまいました

子供は既に 爆睡ですが 晩酌だけは欠かせません

加太港で獲れた鯛を 薄造りにしました

鯛の甘さを引き立たす 純米吟醸で初夏を感じました

1495幼虫
オマケ映像は・・・

タケノコを掘っていると 大きな幼虫が出て来ました

都会で飼育するのは難しいが これも経験だと 大阪に持ち帰り

1496キッド
タケノコを湯がきながら 便利な飼育キッドを組み立てました

子供の頃は 採集した土を持って帰り 水を撒きながら育てたモンです

気になって 何度も夜中に飼育箱を覗いたもんです 懐かしい~

1497飼育
今では 土も昆虫専用の肥料入り 水撒きも専用のボトルを突き刺すだけ

クヌギだって エサを含ませたクヌギが売られている

便利になったと言うか 根本が学べないキッドです

幼虫は何を食べるか教えても ムダな気がしました・・・  

1498完成
でも この幼虫は本当にジネンが期待している

カブトムシのオスなのか それともヤバイ虫だったりして(爆笑) 

あ~ 1日疲れましたっ 今回はこの辺でサヨウナラ

 

 

 

 

 



 

コンチキチン 夏ですね~

熱すぎる それにしても熱すぎる

皆さんバテていませんか ビッグGです


578京阪

 

アチらコチらで お祭りが開催されている中

忙しくて 子供に焦らされながら 京阪電車を待ちます

 

 

579天満橋

 

天満橋駅に着いたら 川沿いはご覧の通り 屋台で埋め尽くされています

屋台の焼きソバは高いから 自宅で焼きそばを食べてからの出動です

それでも 子供には誘惑が多過ぎる 屋台のオンパレードですから(汗っ)

 

580水割り

 

当然 お酒も屋台の祭価格ですから コンビニで調達

缶ビールだと 呑み過ぎるので ウイスキーにしました

だって トイレがしたくても どこも長蛇の列ですからネ~

 

581反転文字


ココ 昔ながらの屋台です アメ細工なんですが

年期の入ったオバチャンが リクエストの文字を

なんと 逆さまに書く 反転文字なんです

 

582あめ

 

反転に文字を書いたら 長い割り箸を貼り付け クルッとまわしたら

ハイ 完成~ 最初は何を書いているのか理解できませんが

手渡されたゲストは ビックリ さすが職人芸!!!


583パクリ

モミジは プレゼントだと勘違いして 何でもパクる

何度 屋台の方に謝った事やら ルールが解ってないってのは恐ろしい

 

584綿菓子

芸の無い屋台より やっぱり職人さんが 器用に作って下さるモノの方がイイ

わた菓子も どんどん膨れて大きくなるのって 見てても飽きないっ

でも 二人分を買うと1000円もするんで 二つに分けました(笑)

 

 

585天満宮

 

やがて 天満宮に到着~ 宵宮でしたが スゴイ人です

迷子にならないように 子供の手を引きながら 酒を片手に~

 

586太鼓

大迫力の大太鼓 若い打ち手の エネルギーを感じました

伝統ある祭は 本当に素晴らしい

 

587だんじり

大人も興奮する だんじり囃子は 魂を感じる

西日本のお祭りの代表ですもんネっ 他の地方では無いようです 

 

588夜店

それにしても 誘惑が多過ぎる屋台ですが

子供は何かをやって 帰らないと気が済まない様子

今回のお祭りに屋台の中でも 一番酸欠しかけた金魚すくい屋を発見(爆笑)

泳ぎは鈍いは 酸欠でパクパク状態 子供でも簡単にすくえました~

 

589またね

なにはともあれ 無事にお祭りの雰囲気を楽しめました

子供も夏休みに入り なにかと面倒を見ないといけないので

忙しさが増します また更新出来ないかも スイマセン

 


 

人生初のラーメンつくり

世界に通用した 日本の味 それはインスタントラーメンです

こんにちはビッグGです 今回はボーイスカウトの体験学習に

ついて行きました~

 

505こども会

市営地下鉄に乗り 梅田まで出ます

朝から子供達はテンションが高いっ 遠足みたいなモンですもんネ~

 

507梅田

迷子に成らない様に手をつないで 梅田の地下街を抜けて

 

508池田駅

阪急電鉄の梅田駅より池田駅に到着

梅雨の時期の小雨が降る中でも 子供達は大はしゃぎ

 

509インスミュジアム

駅から歩いて10分程で ラーメンミュージアムに到着しました

 

510展示

 

館内には歴代のインスタントラーメンが展示されています

見た事も無い様な昔のモノやら こんなんあったかいな?的なモノまで

 

 

511焼きそば

コレなんか どうですか? 1976年ですよ

 

 

 

512初代焼きそば

お馴染みのUFOだって 初期はこんなデザインです

湯切りでヤケドする 庶民が多かった時代のデザインです

台所のステンレスシンクが ベコ~ンと音を鳴らしながらの 湯切りですよネ~ 

 

 

513カラムーチョ

珍しいモノでスナック菓子を 後のせトッピングが出来るシリーズなんかも

食べた事ないなぁ~ 5・6年前の商品なんですが・・・

 

 

514海鮮焼きそば

おっ おおっ~ 海鮮焼きそばではないですかぁ~

最近発売された 塩ダレ風味の海鮮塩焼きそばより

昔のエビの旨味ソースの こっちの方が旨い気がしますが 皆さんどうでしょう

 

515レッドゾーン

海鮮シリーズで こんなシーフードヌードルもあったみたい

ネーミングもスゴイが レーシング スピリッツとも書いてある

いったいどういう味だったのか ご存知の方教えて下さい

 

516ドンべえ

出ましたっ どん兵衛

初期版のパッケージデザインのシンプルさが 逆に新鮮に思える

味も改良されているとは思いますが 初期版の味はどんな感じだったのか

 

 

517研究室

そんなこんなインスタントの原点は この小屋で創業者が編み出したもの

闇市で並んでラーメンを食べている 庶民の行列を見て 家庭で簡単に

ラーメンが食べれないかと 研究を重ねられた小屋なんだそうです

 

 

518ちきんらー

そんな第一号の即席ラーメンの誕生は 既に50年以上も前のモノ

今じゃ~ 当たり前に家庭に普及した 食品ですが

既に50年? いやっ まだ50年 って言った方がイイでしょ

 

519カップラー

そんな袋メンからスタートした インスタントラーメンを世界にと考えた末

鍋も要らなきゃ 丼も要らない お箸では無くフォークで食べれる様にと

考案されたのが お馴染みのカップヌードルなんです スゴ過ぎる~

 

520ぬりえ

そんなスゴ過ぎるカップ麺を 体験で作れるココのミュージアムは

観光客どころか チャイニーズ系の旅行者までいらっしゃる

 

先ずはカップに好きな絵を描いて行きますが 

見て下さい B型の芸術センス お手本無しで描きやがるっ

 

521逆転

周りを無視してでも やりたい事は 突っ走るB型のモミジ

行列を抜かしてでも さっさと我先に作成しだす

恐るべし血液型 しかも相手スタッフより 機敏に動き会話もする

 

523味選び

さぁ~ 肝心なベースの味と 具材選びですが B型のセンスはココでも炸裂

醤油チキンベースなのに カニかま ナルト エビ 更にエビ

オイっ それってシーフードやん!! エビのダブルって~

鶏のスープに 海鮮のエキスを狙ったのか 創業者を超えたモミジです(汗っ)

 

524できるかな

ビッグGは シーフードベースに エビ チーズです アクセントにキムチ~

世界にたった一つの カップヌードルの完成です

 

525ふた

先ずはシールの付いたフタを 熱でプレスします

 

526フィルム

続いて フィルムの袋に入れ これまた熱で縮ませ 圧縮します

 

527完成

はい~ 見事にカップラーメンが出来上がりました~

お味は 全くブレる事の無い 安定感バリバリな味でした

 

では帰りましょ~ 何気に面白かった~

 

オマケ映像はコチラです ↓

 

528自販機

 懐かしい 自販機が展示されていました

これって市営プールに 必ず設置されてましたよネ~

コンビニの無かった時代の サーファーも愛用したはず

 

買ったはイイが お湯切れや 最悪な場合はフォーク切れなんて事も

どないして食うねんっ ってオチのある自販機でした 歴史は早い~

 

 

 

 

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ビッグGとあろは

Author:ビッグGとあろは
自宅ハワイアン化
計画実施中!
夫・ビッグG
妻・あろは
二人でハワイアンなリポート
お届しま~す♪

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
リフォーム (8)
Kids (58)
サーフィン (104)
おでかけ (47)
立ち呑み (122)
料理教室 (44)
出来事 (74)
ハワイ (26)
スノボ (2)
新築計画 (8)
素潜り (4)
カリフォルニア (3)
工務店 (12)

月別アーカイブ

あろは検定

ハワイ語辞書"

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

最新コメント