2017-09

世界にひとつ コレは売れる

梅雨でジメジメしたり 夏日でカンカンになったりですが

まだ我が家はエアコンが無く 不快で不快でイヤになります

こんにちはビッグGです

271玄関

今回は 新居の玄関の問題点の お話をします

白を基調とした我が家ですが まぁ~汚れる事

特に白い壁紙に 汚れた手で触るものですから~

272注目

犯人は 恐らくコイツなんですが 本人はオレじゃないと 言い張る

試しに学校帰りの ジネンに普段通りに 靴をぬがしてみた

273左手

おいっ そのままストップ 動くでないっ

やっぱり段差のある框に 靴を脱ぎながらだと

こうなるのかなぁ~

274証拠

証拠を残すため 写真を撮りました 犯人逮捕の瞬間です

ならば 玄関スノコを置けば スノコの手前で靴を脱ぎ

段差も少なくなるので 解決しそうです

275廃材の台座

いろんなスノコを探したが 我が家に似合うのが無く

造る事にしました~ また工務店です(笑)

廃材を組み合わせて 台座を作成
276針葉樹

踏み板は 木目がハッキリする 針葉樹の合板

合板は表面が粗いので 

しっかりとサンダーをかけ ツルツルにします

277ステイン

仕上がりは 我が家に合うように 

またまたシャビー加工です

もう 手慣れたもんですヨ ではステインで 色をつけます

278ミルクペイント

白い色を際立たせるため ステインは濃い目にして

コチラのミルクペイントを 上塗りします

279ぬてみたものの

いつもの通りに ミルクペイントを 薄く塗りましたが

くぼみが多い針葉樹で 所々に塗れて無い箇所が目立つ

280厚塗り

だったらベタ塗りしてみましたが これが失敗

ペーパーヤスリで 頑張って塗装を落とし  シャビーに加工したいのに

全く下塗りしたステインの オーク色が顔を 出さない

281サンダー

仕方なく 電動工具でヤスる事にしましたが

パワーがありすぎるから 塗装が飛びそうで ヒヤヒヤしました

こんな感じになったら 再び手でヤスリます

282ナンバリング

踏み板をスノコ状にするため 10センチ幅でカットする前に

裏返して バラバラに成らない様に 

ナンバリングします

283ドリル

踏み板は 薄い合板なので ビス止め前に

下穴を開けて割れ防止対策をします 

毎回細かい作業でしょ~

284ボンド

最近の木工ボンドは 乾燥が早いのが 

売られていて便利です

作業効率が上がります

285とラメ

台座もステインで色付けしますが 

見えてしまう隙間のみ

286貼り付け

では踏み板を台座に貼り付けて いきましょ~

287間隔

スノコの間隔は コレまた廃材を挟み込み

均等に隙間を造ります

288ニス

仕上げは ニスです

コレで塗装の剥げない 丈夫な仕上がりに

成りました~

289やすり

ビス止めの ササクレもペーパーヤスリで 表面をツルツルに

女性のストッキング等が 引っ掛から無い様に

丁寧に丁寧に ヤスリを掛けます

290乾燥

しっかりと乾燥させたら 

はい~ スノコの完成です

291じねん

やがてジネンが 学校から帰ってきました

下校途中の公園で 何故か 木登りをして

帰ってきます

何で木登りをするのかは 不明ですが 

とにかく手が汚い

292成功

では完成したスノコの前で 

靴を脱がせてみた所

以前まで左手を 壁についていましたが 

ついていません

おっと~ これは作戦成功かと 思いきやっ

293失敗

なっなっ 何と~ 次は右手を壁についてる~ マジで~

思わず 張り倒してやりましたっ 

アホかコイツはっ

294完成

あ~ あれだけ苦労して 造ったのに~

しかし皆さん どうですかコノ素晴らしい

スノコは中々な出来でしょ~ 

廃材ですけどね~ また頑張りす

 

 

シャビー加工って ご存知ですか?

梅雨らしく 大雨が降りましたネ~

お早う御座いますビッグGです 今回は自作の中でも名作かも(笑)

またまた工務店ネタでスイマセン でもピークは過ぎた気が・・・ 

248廃材
そろそろ 廃材も 少なくなって きましたが 無駄には出来ない

 

現場は 新居二階の 押入れスペースを 書斎にします

249書斎
実は扉付きの 押入れの予定だったんですが 書斎にしようと思い付き

5万円もする 高額な扉も付けないって事で 申請しました

扉が無いって事は 見せる収納を作らないと・・・(汗っ)

250墨出し
では 作業の開始です 棟梁から教わった 墨出しの仕方

ミリ単位で作業するなら 鉛筆をシャープに削り

定規に対し 鋭角に芯を当てながら 墨を引けって 教わりました

251サンダー
一ミリも狂い無く 廃材をカット 言っておきますが素人ですヨっ

ササクレが多い廃材なので 全てを研磨する為に サンダーの登場~

大きな音はするし 粉は舞い散るし 近所迷惑ですがネ~

252ステイン
木材の塗装に使ったのは 手前のオイルステインと呼ばれる塗料です

オイルと言っておきながら 水性なんで片付けがラクです

要は絵具っぽい感覚です これには仕上がりの好みによりますが 

奥のオイルは水性でも油なんで 上塗りも出来ない 仕上がりになります

253塗装
ステインを塗るだけで こんなに深い色合いになります

木材に浸透していくタイプの 塗料なんで 塗り重ねると濃く仕上がる

直ぐに浸透するので ハケは大きめな方が ムラなく仕上がります

254ミルクペイント
次に塗る塗料はコチラ ミルクペイントです

ステインで茶色を浸透させておいて ミルクペイントで雰囲気を出す

この順番で 白っぽくボカせて 使い込んだ風合いになります

255モミモミ
ハケでベタ~っと塗らず スポンジで塗ります

少量のミルクペイントを スポンジに含ませたら

モミモミします ゴム手袋を忘れずに・・・ 

256こんな感じ
こんな感じで スポンジ全体に 塗料を馴染ませたら

木材に押し付けずに ほこりを払うかの様にサササァ~っと

257雑に
えっ これでイイの? って思う位 汚いです(笑)

でも ここからが加工の見せどころ

と行きたいが しっかりと乾燥させましょう 一晩は必要です

258隠れた木目
一晩乾燥させた 木材の表面です

ステインもしっかり 木材に浸みこみ ペイントもベタつかない

コレをサンドペーパーの 荒い目で軽く擦ると~ ビックリ~

259シャビー
ほ~ら 疲れた感じのシャビー加工の出来上がり

ステインとペイントを 逆の順序で塗って 直ぐに拭き取ると

木目が茶色く仕上がります これは色合いの好みです 

260研磨
見て下さい ペーパーで 力を入れずに 擦った結果がコレです

西海岸テイストでしょ~ 城東区のカリフォルニアやん(笑)

261三工程
浮かれていても仕方がない 次に進めます

このままでは 塗装が剥がれるので この風合いって決めたトコで

保護膜を作る為 ウレタンニスを上塗りします もちろん水性です

ウレタンニスは 直ぐに乾くので 設置作業に移りましょ~

262設置
水平レベルで 正確に棚を打ち込んでいきます

ネジも最近では ブロンズ色が出回っていて 雰囲気バッチリです

263次々
一段 更に一段と 自分に合わせた高さに棚を設置

サーフマガジン等を置いてみて 高さの調整をしたり

自作ならではの オリジナル家具が出来て行きます

265足元
床にジカ置きだった パソコンのルーターだって 棚に置けました

これで押元スッキリ 掃除機がラクに出来ます

266パソコン
いつもケースに入れていたパソコンだって

デスク下に収納です これでブログが サクサク出来そうです

267デスクまわり
しかし デスク周辺の壁紙が 剥き出しなので

コルクボード等を設置しようと 考えましたが

まだまだ 廃材は残っているので ここも自作です

268コンパネ
コンパネ合板に 丸ノコで浅くミゾを入れて 加工します

そこに 自慢のシャビーな塗装を施し 掲示板の完成です

269完成
どうですか~ 全くの素人が 日曜大工レベルで書斎を作る

ビッグG工務店は 海にも行かず 自宅で海を感じています(アカンやろっ)

264最後
塗装の乾燥に時間が掛かるので ビールばっかり呑んでましたが

最後の棚を仕上げて 完成です はぁ~ 三日間も掛かりましたっ

 270ビッグG
では 最後にオマケ映像です

久々のビッグGスマイルが出ました~(笑) 早よ 海行こっ

涼しくキマっていますが エアコン設置していないので 熱いです(滝汗っ)

では この辺で~ 皆さまサヨウナラ~ 

 

未だに 仮住まいの様な・・・

梅雨入りしましたネ~ 大阪も

こんにちはビッグGです 

今回も工務店ネタです スイマセン

228ワークスペース

新居には あろはの家事スペースとして 設けたスペースがあります

が・・・ 造作カウンターを お願いしたところ 見積もりで却下

ココもやっぱり ビッグG工務店の出番です

229棚
材料は お金を掛けれないので またまた古い家具をリメイクします

この棚は 以前はテレビボードでした (マジで)

とりあえず 中身を掘り出し 解体しましょ~

230分解
さ~て 本当に上手く リメイク出来るのでしょうか?

ビッグGにも想像が付かないですが やってみましょう

231切りだし
分解した板を サイズに合わせて 自慢の工具でカットします

この作業場を見ても ビッグG工務店は 遊びでは御座いません

切り口がギザギザに成らない様に カット面をマスキング(本気です)

232スカスカ
しか~しっ 問題が発生

板の中身がスカスカです 棚にしたいが これでは強度が保てません

233見事
そんな時には スカスカ部分に アンコを詰めます

アンコは もちろん廃材です

サイズを計り アンコをカットして~

234ばっちり
見て下さい きっちりとアンコが詰まります

器用なのは血液型のせいなのか? どうなのか?

とにかく図画工作は 得意中の得意なんです

235さすが
念の為 棚を支えるアングルを 置いて見て確認です

よっしゃ~ 完璧じゃ~

236作成
次には ちょっとした細工を施します

あろはの注文で コレは細工してくれと 頼まれたので

見た目も良くなる様に 慎重に作業します

237切りだし成功
手作業でも 真っ直ぐに切れる様に 当て金をしてカット

こんな技術も 棟梁から聞きました

電動工具が無い時代は 大工さんは道具を工夫してた様ですネっ 

238正体は
さぁ~ 細工が出来上がりましたヨ~

細かい作業でしたが 見た目が綺麗に仕上がりました

使い道は 後ほどに・・・

239棚あし
さっそく カウンターテーブルを 設置して参りましょ~

テーブルを支える 板を壁に打ち込みます

ドリルの回転で 壁紙にキズがいかない様 マスキング

240高さレベル
やがて 同じ高さレベルで 支え板が打ち込めました

テーブルの高さも あろはの座高に合わせた位置です

手作りだからこそ 出来る細かい施工です

241テーブル
じゃじゃ~ん 小物置きも ついでに設置しました

コレだけ見ても 以前はテレビボードとは思えない

イケアの家具のリメイク術です 本でも出版しようかな(笑)

244サイドカウンター
便利なように 空きスペースにも サイドカウンターも設置

ますます使い勝手が良さそうです

243更に
書類棚も いるって言うんで 手の届く位置に設置しますヨっ

処分しかけた家具を フル活用します

245ほぼ完成
ハイ~っ とりあえずコレで完成~

どうですか皆さん 掛かった費用はビス代のみの500円!!!

造作で作れば 5万円は取られる(汗っ)

242コード通し
先ほどの細工は なんとコンセント付近の コード通しです

ピッタリ過ぎるほどの場所に 通し穴が来てるでしょ~

ビッグG工務店 さらなる発展を目指して頑張ります

246駅飯
息もつけないまま 作業のブッ通しだったので

夕暮れ前に ビールを流し込みます プっハ~

本職では無いが 仕事終わりのビールが染みます 最高~

247ワーク
自宅に戻ると あろはから 『良く出来ました』と お褒めの言葉を

たったビール一杯の報酬でしたが  完成しました~

次はビール二杯の報酬を下さい(冗談) サヨウナラ~

 

 

 

まだまだ 続くよ 工務店

だんだん 気温が上がり 熱くなってきましたネ~

こんにちはビッグGです 梅雨に入る前には完成させたい

・・・と 思っていても 中々日曜大工は進みません 

211トイレ作成
今日は 二階のトイレの リモコンやらを設置します

最近のトイレはタンクレスなので トイレもコンパクト

ハウスメーカーが設置すと 見た目が格好悪いモノも

平気で設置されるので 新居完成時に 何も取り付けない約束を

212下地
なのでビッグG工務店が 棚やらトイレットホルダーまで設置します

予め 棚を打ち込む下地は 棟梁にお願いしておきました

213アングル
先ずは 棚板のアングルを打ち込みます

背の低い あろはが届く高さの収納棚です

きちっと高さと 水平を確認して 打ち込みます

214レベル
左右のアングルの 高さと水平を取る為

仮の板を置いて レベル器でチェックしながら 打ち込みます 

215棚板
はいっ 見事に傾きなく 棚が出来ました

 

でも コレだけでは終われません

216コーキング
隅っこの 隙間を埋める コーキングを施します

隅の隅が 90度になるよう マスキングテープを貼ります

一番難しいです って言うか 面倒です

217さすが
見て下さい 隙間なくコーキング材が 目地に入っているでしょ~

ビッグG工務店も 仕事のレベルが上がってきた

218完成
では あろはに棚が上手く使えるか チェックしてもらいましょっ

ペーパーの予備や アロマオイルや 掃除用品を置いて 完成~

あろはから オッケーが出ました

219下地さがし
続いては リモコンと ペーパーホルダーの設置です

この機械 めっちゃ優秀で 壁の下地を探すのに 一役買います

石膏ボードに反応せず 木材に反応して 下地の位置を知らせる

ランプの点灯の具合で 木材の深さまで知らせてくれるんです

 

220下地マーク
っていう事で その優秀な機械で これだけ木材を探せました~

解りやすく テープでマークしました

この木材が ある箇所なら しっかりと固定が出来ます

221下穴
チョイひじ掛けが 欲しかったので 設置します

じかにネジを打つと 板が薄い場合は そこから割れます

なので 下穴を開けてから ネジを打ちましょ~

(ちなみにコレは廃材です 捨てるの勿体ない)

222またコーキング
そして ここでもコーキングです

この処理をするか しないかで大きく見た目が変わります

223トイレ完成
はい~ どうですかビッグG工務店

造作かの様な仕上がり 後付けとは思えない

224更に棚
ならば もう1カ所トイレがあるんで そちらも設置を・・・

ゲスト用のトイレなので 大きな棚は必要なく チビ棚を設置

225コーナー処理
角の手の届かない箇所は ヘラを使ってマスキングします

細かい作業ですが 必ず綺麗な仕上がりになるので 諦めません

226完成トイレ
どやぁ~ 廃材で棚を設置しました

出費は殆ど無し~ 施工中の缶ビールのみです(笑)

227がしら
今夜は あろはの兄が釣って来た ガシラを3匹頂き

内臓とウロコ処理をして 煮付けましたっ めちゃ旨っ

しかし設置するのは面倒だけど 設置後は快適ですネ~

では また工務店ネタで お別れします サヨウナラ

 

ついに完成~ サーフガレージです

休みの度に マジで工務店です(汗っ)

お早う御座いますビッグGです

186建築
ココ何処だか解ります? コストコでもイケアでも無い

建築のプロショップ ビッグGはココの会員です (なんでやねん)

187束石
実はココだけの話 コーナンより安く商品が手に入ります

ただし 業者のみの販売ですが ビッグGは裏口入会しました~(爆笑)

ペンキだらけの服を着て 耳にえんぴつ差せば入会出来ました

188棚いた
見た目が工務店風のビッグGは こんな棚板だって 

狂いも無く カット出来る腕前になりました

何の為? それは俺が聞きたい・・・

189サンダ
では早速 作業の開始です

サンダーで板の表面を 綺麗に均します

境界線に注目~ めっちゃ綺麗になるでしょ~

190グラインダ
続いて グラインダーで 切り端や 角のケバを取ります

 

191面取り
見て下さい 面取りをすると 怪我をしません

サーファーって タンクトップを着ている事が 多いので

こんな角で 皮膚を擦りむいたりするんです

擦りむいた皮膚は 日焼けするとシミになるんでネ(マジで)

192ブラシ
このブラッシングは ほんの遊びです

ワイヤーブラシで 木材の表面を擦ると

冬目だけ残ります 要するに年輪だけ残る

193ヴィンテージ
そこに 塗料を薄く塗ると なんと使いこなした風合いに

簡単にヴィンテージ加工が出来るんです

西海岸スタイルです (ホンマかいなっ)

194ニス
棚は重たいモノも乗せて 引きずる為

ニスで表面を保護して 塗装の剥がれを防止します

油性なんで うすめ液が高くつくので ハケは安いモノで・・・

195完成
充分 乾燥させれば 物置きの完成です

はぁ~ 休みの度に施工して やっとこさ出来ました

 

コレでは終わりません

196ラック側
物置きの反対側に サーフボードラックを作成します

今朝 プロショップに買いにいった 束石を仮置き構図を頭で考えます

考えが浮かばなければ ビールを呑みましょう(笑)

197廃材
まだまだ 頂いた廃材が沢山あるので 頑張ります

割れていたり 反っていたりしていて 建築には使えない木材達

本当に捨てると思えば もったいない・・・

198柱
柱をこしらえ 一人作業なので 柱に支えも設置

作業が細か過ぎて 時々 呑んだくれます(冗談)

199棟梁
泣き言をいっても 誰も手伝ってくれません

ジネンがたまに 写真を撮ってくれるくらいです

200仮完成
やがて サーフボードラックの基礎が出来ました

構造計算もして 全くビクともしません

何でもモノを 引っ掛けられそうです

201図面
ボードを掛ける アームを作成中です

図面は無く サーフボードのサイズを計り

捨てる様な 合板に一先ず 墨出しをします

202試行錯誤
それを カットして 仮設置をして 試行錯誤~

微妙な曲線を施し ようやくベースの完成です

203塗装待ち
ではでは ブ厚い合板にベースの型を 落とし込み

慎重にカットします サーファーに優しい 面取りも終了~

 

んで 写真の手前の U字の木材は何でしょうかネ~?

204ラック
アームを柱に取り付け グラつきをチェック

問題無く ラックが出来ました

205落下防止
落下防止にゴムバンドで ボードを固定できる様にもしました

ビッグG工務店は サーファーの為の工務店です(笑)

206ひっかけ
さぁ~て このU字の棚柱は 何に使うかと申しますと

207バー
ジャジャーン バーを引っ掛けて ウェットスーツを掛ける

ボードの裏側が デッドスペースなんで

そこにハンガーバーを 設置したんです

208階段手すり
しかも バーの正体は 階段の手すりです

 このバーも 3メートル程 余って 捨てられる運命だった

だったら 活用するしか無いでしょ~

209完成
見事にサーフガレージの完成です

いや~ 自分で言うのもアレですが スゴイ!!!

そんな技術は 職人さんから 盗み聞きです

210補修
今日も 補修工事のペンキ屋さんが 来て下さって

根掘り葉掘り聞く ビッグGです この距離じゃ~ウザイかな?

その刷毛はナイロンですか? 豚毛ですか? なんて感じです

 

職人さんと共通点は無いか 必死に会話をするんですが

邪魔ですよね~ では この辺でサヨウナラ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ビッグGとあろは

Author:ビッグGとあろは
自宅ハワイアン化
計画実施中!
夫・ビッグG
妻・あろは
二人でハワイアンなリポート
お届しま~す♪

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
リフォーム (8)
Kids (53)
サーフィン (97)
おでかけ (46)
立ち呑み (114)
料理教室 (42)
出来事 (70)
ハワイ (26)
スノボ (2)
新築計画 (8)
素潜り (4)
カリフォルニア (1)
工務店 (8)

月別アーカイブ

あろは検定

ハワイ語辞書"

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

最新コメント