FC2ブログ

2020-09

海開き

お元気ですか~ 日本全国 梅雨は明けたのかな?

さぁ~ 本格的に夏になり 喜んでいるビッグGです

コロナ感染予防と 熱中症対策を 皆さん 行って下さい

283看板

では 今回も早朝の和歌山県から ネタを お届しますヨ~

この場所は 今年の3月に うお釣りで 訪れて以来です

釣りも 海水浴も シュノーケルも出来る 最高な海です

284バンライフ

県外の移動には 必ず車中で夜を明かす

すっかり バンライフが 定着しました 

夏でも 車の窓は網戸仕様なので 浜風が気持ちいい

それと 夜にトイレに行く時に見る 星空がスゴイです!!!

285釣り人

相変わらず 釣り人で賑わう コチラの防波堤

時間問わず 誰かが釣りを 楽しんでいます

一方 海開きをした 海水浴場を覗くと~

286ゼロ

なんと 不思議な事に 客がゼロです

毎年 梅雨明けは 人だらけになり 

早い時間から BBQの場所取り合戦なのに・・・

287設営

コロナで皆さん BBQを控えているのか

ラッキーな事に 余裕でベストな ポジションをキープ

ボーイスカウトに所属している ジネンが設営しています

かなりの種類の ロープワークが出来る様になり 頼もしいです

288完了

ビッグGが 駐車場から荷物を運び ジネンがテントを設営する

当日の風を読み ロープを張り 南北を計算して 日陰を作る

設営が完了したら 女性どもを呼ぶ 男の仕事をコナしています

289仕事

どうですか ムスコの仕事ぶりは・・・

勉強は出来ませんが 野外活動が出来る男に なってきたでしょっ


んで そこに なんと レジェンドが 駆けつけてくれました

290レジェンド

お~い レジェンド~ 久しぶりですネ~

今日は 一日 ヨロシクお願いしま~す

291磯あそび

では 皆で磯に潜って 海中散歩でも しましょ~

人工の浜ですが 年々 藻が繁殖し 岩肌が見えづらくなり

獲物探しに苦労します それでも ジネンは・・・

292たつなみ

岩肌と同化した アメフラシ科の一種 タツナミ貝を補獲

潜水能力も向上し 長い間 潜る事が楽しい様です

293ランチ

朝の8時頃から 海水に浸かり お昼になりランチタイムです

この暑さには やっぱり冷麺がイイですネっ

それと お茶は凍らせて持参する (ビールもキンキンに!!!)

294いけす

一日中 海に潜って 獲物をとっての繰り返し

獲物を入れたカゴを カゴのまま海底に 沈めておき

目印になる ブイを紐で繋いで 天然いけすを再現

295獲物

しっかりと観察をして 小さいモノは海にリリース

監視員も寄ってきましたが 漁業権が無いのか 何も注意を受けません

一応 子供に密漁は 窃盗である事は 認識をさせていますヨっ

296つり

海に固着のモノは 触れる事すら 禁じられているのが ほとんどで

回遊のモノ 要は動き回るモノは 禁じられておりません

なので 夕方のマズメ時になったので サビキ釣りをします

297漁師

実は あろはの家系は 釣り好きが多く ほぼ漁師です(笑)

釣り糸を結んだり 仕掛けを組んだり 目をつぶってでも出来ます 

298エサ

エサを触るのが苦手なんて あろはの家系には存在しない

生きエサだろうが 疑似餌だろうが お手の物です

299底

見て下さい この母親の姿を・・・ マジで真剣です

もう ビッグGの出番は無し!!! ここは 漁師さんに任せましょ~

先ずは 重りの付いたエサ籠を 海底まで落とします

300タネ合わせ

次に 魚が泳いでいる 層にエサを振り撒き 釣り針を移動させます

何度か竿を しゃくり 魚を誘き寄せます

手元と 竿先に 神経を集中させたら・・・

301ヒット

ハイ ヒット~~~!!!!!!!!

流石 漁師~ 身体そのものが 魚群探知機かぁ~(汗っ)

んで 待望の黒マグロか ロウニンアジが 来たのかっ

302ベラ

と思ったが・・・・・ メチャかわいい ベラの一種でした~

せっかく いつでも捌ける様に まな板と包丁を用意していたのに(冗談)


なにはともあれ あろは1匹 ジネン1匹 モミジ2匹

ビッグGは~ ボウズでした~ (魚に包丁を見られたのかな?)

303野菜室

和歌山県を 出たのは夜の8時 ボンビーなんで高速道路に乗れず

下道で大阪へ 帰ってきた頃は すでに23時でした

磯で獲った獲物は くみ上げた海水を入れ 野菜室に放り込みます

304ドロはき

野菜室で 水温20度前後をキープ

貝の中身がクネクネと 活きが良く 泥も適度に吐いてくれました

砂を吐くまでは3日ほど エアポンプが要るので 今回はパス

305ナマコ

それでも 現地で汲んだ海水と 水温さえ守れば 鮮度が保たれます

ナマコです 赤 青 黒 もっとも高価で 流通されている 

関西は赤の生息が 多いのか 関東の青は 食べた事ありません

306うまい

お正月になったら とにかく食卓に出てくる 赤ナマコの刺身です

子供の頃から 大好物でした~

茶ブリの下処理もして 美味しく頂きましたヨっ

307ガンガラ

続いて 食用巻貝の一種 ガンガラです

海中で発見すると 大きく見えるのですが

いざ 岩肌から もぎ取り手にすると 小さくてガッカリさせられます

308カサガイ

そして カサガイ

潮が引いた タイドプールなんかでも 岩肌にへばり付いています

ステンレスのヘラ等で スッと剥がせば 捕獲できます

309トコブシ

更に トコブシです アワビとそっくりです!!!

貝殻の側面にある 呼水口の孔が多ければ トコブシです

ナマコもそうですが 漁業権のあるエリアは 捕獲禁止です

310サザエ

最後に サザエです もちろん補獲禁止の固着モノです

採捕禁止看板を確認して 法令違反に成らない様にして下さい

この浜は看板は無いです 小さなモノは必ずリリースしましょ~

311流水

海水モノは 食べる前に 必ず水道水でしっかりと 洗って下さい

そうしないと 腸炎ビブリオ菌で 食中毒を起こします

海水が15℃以上となる 5月~10月に棲息する 好塩菌なんで

とにかく流水で菌を流す事 室温で放置すると 菌の増殖がハンパ無いので

使用した まな板も 直ぐに洗って流して下さい

312塩茹で

今回は 子供の勉強の為に 軽く茹でて

殻から中身を取り出して しっかりと観察します

313可食部

子供達は サザエの刺身が好きで いつも捌いてあげていますが

食べれない事もないが 苦みや砂が咬んだりする 部位を教えます

写真右から ハカマ 腸 砂袋は 捨てていますヨっ

可食部の 肝 身と貝柱のみ 流水で洗って 刺身にしています
 
314黄金比

今日は 煮貝のレシピです

お正月に 煮アワビを作る時の 黄金比です

酒(または水)が5 本みりん1 醤油1 砂糖は好みで少々です

5:1:1 って要は そうめんつゆと同じ配合に 甘さをプラス!!!

そうめんつゆは 酒では無く 和出汁ですが・・・

315アル

酒と本みりんの アルコールを しっかりと飛ばし

60℃以上で 10分加熱すると 菌も死滅します

長期保存の時は 水5では無く 酒5にして下さい

(出汁や水は傷むので・・・)

316どや

では お疲れ様でした~

日本酒と煮貝 タマラン 最高です

317また

車中泊で星空を眺め 朝日を浴びながら テントを設営し

太陽光が差し込む海に潜り 風が止んだら釣りをする

最後は 海からの恵みを頂き 余韻に浸る

いや~ 本当にハッピーな 一日でした ではサヨウナラ


密漁ではございません 安心して下さい

子供の夏休みも 半分まで来ました~
子供の宿題の手伝いで 忙しいビッグGです
なんせ 宿題させないと 海に行けないので・・・

903ナミハヤ 

では 今回は和歌山の海です 海と言っても波乗りでは御座いません
人工の整備されたビーチで 毎年恒例の素潜りに来ました~
漁港の横に人工ビーチがあり そこの磯で遊びます

905テーブル

ビーチの公園内にある 常設のテーブルを確保
そこにブルーシートで 屋根を設置します
木登り天才のジネンが 棚の上に登って設置してくれます

906準備

家族4人分の素潜りギアも 買い揃え 車に積んでいるので
いつでも どこでも 密漁が出来ます
いや密漁じゃない!!! いつでも海でも川でも潜れます!!!

907磯場

見て下さい 台風も過ぎ去り 数日が経過した海
天気もイイので 底の底まで 透き通っています

908ハンター

普段は頼りない小学生ですが この後ろ姿には貫禄を感じます
毎年少しずつですが 頼もしい男に育ってますヨっ
勉強せずに 虫取りばっかりしてますけど(汗っ)

909親子 

あろはとモミジは 天然の水族館を覗いています
ホントに今日は 快晴で海がキレイ 色んな魚が泳いでいます
女子はライフジャケットを着用して 浮いているだけです(笑)

910狩猟

一方ジネンは 浮き輪にタモ網を括りつけ 深く潜ります
身が軽いので 2メートル位しか潜れませんが
何度も何度も 潜っては 何かをタモ網に入れています

911密漁

オイ そこの少年!! 手にしている 網の中身を見せなさい!!
ココの港湾区域での 特定の魚介類の採取は 禁止されているゾ!!
違反すると 罰金200万円が科せられるゾ!!

912休憩

なんて ウソで~す そんな警告看板も無ければ
管理等のオジサンが来て 注意するどころか
たくさん獲れたなぁ~ 食べれるのか? それって・・・
 
913ざるそば

そんなユル~イ感じの 人口ビーチなんで ある意味OKなのか
何も知らない 管理のオジサンなのか 解りませんが
ニヤニヤしながら ビールを飲みます 

915アメフラシ 

昼ごはん後も ジネンは変なモノばかり 獲ってきます
その都度 管理のオジサンが来ては なんじゃいな?それは・・・
みたいな感じで 生き物がいるのが珍しいみたい

917タコ

そんな中 岩場をめくり クモヒトデかと思いきや
こんな立派な タコが獲れました 超ラッキー
そして クーラーボックスを 覗くと~

918水族館

いつの間にやら ありとあらゆる ブツがゴロゴロと
ホンマに 逮捕されるんと ちゃうか(滝汗っ)
子供のする事ですから~ って逃げるしか無いなっ

919サザエ

大きなガンガラと 思いきや う~ん コレは確かにアレやなぁ
まぎれ込んでたって 事にしてクーラーボックスにイン(笑)

920トコブシ

アレは誤魔化せても 一枚貝のソレは 完全に逮捕ちゃうの~
ダチョウ倶楽部バリに エェ~ いつの間にっ で逃げよっ
なんて冗談ばかり言いましたが ホントに逮捕されずでした

921店 

では またまた和歌山帰り 恒例のラーメン巡りですが
本日も和歌山の元祖的な コチラにお邪魔します

922醤油系

スープは濁らせないタイプの 醤油とんこつスープ
湯浅醤油がプンプンするほど 香りがイイ
しかもラーメン一杯 600円で メチャクチャ旨っ旨っ

923観察

自宅に帰ってきて さっそく獲物の見物です
海の生き物図鑑を取り出し 危険生物では無い事を確認して
毎回 勉強を繰り返すジネン 逮捕される事は理解してません(怖っ)

925神経

生タコの捌き方を 目の前で教えます
目の下にある 神経を切ったら 吸盤の力が無くなるので
腕にまとわり着いたり 硬いクチバシで噛まれる事も有りません

926塩

タップリの塩で ヌメリを取り除きますが
何度も何度も 洗い落し また塩を マブしての繰り返し
子供の頃に おせち造りで 手伝った事を 思い出します

927茹でる 

おせち料理に入れる タコの桜煮って あるんですが
長時間 煮ても 皮が破けない様に 丁寧に作る技術が要ります
今回は 刺身にして食べるので サッと湯がくのみ 

928茹であがり

氷水で締めれば あっという間に 活けダコの湯引きの完成
スーパー等で売られているモノは ミョウバンと言われる
赤い色素を付けますが 体に良くないので 今回は天然色です

929ガンガラ

ガンガラも 海水に浸けて 泥を吐かせて 砂抜きします
殻と殻を こすり合わせて 洗ったら 茹でこぼしアク抜きを
流水で再度 洗い 甘めの麺つゆで 煮含めたら出来上がり

930煮つけ

ジネンは マチ針で 殻から身を取りだす 名人です
甘めのつゆは 別に取っておき 炊き込みご飯の素にします
なんて旨いんだろう 磯の香りがタマラナイ

931うたげ

サザエも アワビも 活けダコも 全てが海の恵です
数時間前まで 活きていた 新鮮な食材は価値が有り過ぎる
ホントに幸せな 一日を家族と過ごせました~ 感謝

やっぱり 海でしょ~

オ~イ 起きろ~ 朝の5時やぞ~ 起きんかぁ~

お早う御座います 長期休暇中のビッグGです

とにかく 子供の宿題を 少しでも済まさないと・・・

1556宿題
夏休みの宿題の課題 そう自由研究ですが・・・

集中力の無いジネンに 必死にやらせても時間の無駄なんで

ビッグGが9割も手伝い 海だ海だ海に行くぞ~ と横で叫んでいます 

1557いそこ
先週とは違い 午前中の9時には 和歌山の海に入水

当然 揺れる車内でも 漢字ドリルをさせながらの移動です

とにかく海に行きたい一心 だって波があるんですもの・・・

1558スープ
ジネンは この波に押される 感覚を何度も繰り返し

ケータイの動画で プロのライディングを チェックして

何度も何度も 沖に出て 波を捕らえていました

1559プロ
しばらくすると・・・ サーフィン禁止エリアで サーフィンしてるヤツが

っと 思いきや!!!  ジネン 立ってるやん(汗っ)

え~ マジ~ どんだけ吸収 早いねん(滝汗~)

 

 

こんな日は 後は気にせず 夕暮れまで遊びまくる家族なんで

大阪には帰らず 和歌山で車中泊です

そして 夜明けと共に・・・

1560宿題
ジネンは 誰よりも早く起きて 漢字ドリルをコナしています(笑)

勉強机にもなる 二段ベットですヨ~ ジネン 親をウラむなヨ~

そして 女性群を起こし 朝食を済ませたら~ 

1561チェック
ポイントチェックです~ ポイントとは言っても

今日は波はもう無いので サーフィンではなく 素潜りです

先日の台風の影響で まだ少し 海水は濁っています

1562なみはや
何度か訪れている このビーチ 綺麗に管理されています

磯ノ浦海岸から 車で30分掛かりません 

途中に24時間営業の スーパー オークワもあり 便利です

1563ばべきゅ
管理施設の中には BBQ設備も整っていますが・・・

使用料が高い 屋根ありコンロありだけど 3000円もする

食材費 炭代は別ですから 我々 家族には不向きです

1564ビーチ
浜全体は こんな感じです 砂浜エリアはBBQ禁止ですが

遊具エリア前か ブロックレンガの場所ならBBQは可能です

しかしながら コンロは持ち込みで1000円 徴収されます

1565磯ポイント
波乗りでも無く 海水浴でも無い 目的は素潜りなんで

磯エリアに お邪魔します ここでもBBQは出来ますが

今回は家族だけなんでパスして 買い置きの弁当で済ませました

1566木陰
あろはは木陰で 編み物です

しかし 気温が高過ぎて 何度か入水してました

現在気温は38℃です そりゃ~ 熱いわぁ

1567ガンガラ
素潜りも上達したジネンは ガンガラ収穫がスゴイ

必ず親と一組で 潜りますが 潜っては海底の岩に しがみ付き

岩をひっくり返して ウニを避けて 貝を採取します

1568生物
手いっぱいに貝を持ち ヒトデやウミウシまで 獲って来ます

水中カメラが故障中なので 水中映像はありませんが

とにかく黒鯛が 多い事 ジネンと格闘していました(笑)

1569何これ
そんな最中 何コレ? 

アメフラシ? 巨大ナマコ?

小さな岩かと思ったら 動いたから獲ってきた らしいが・・・

1570なまこ
ギョエ~ なんじゃコリゃ~

めっちゃ重いし ヘンな汁を吹きよるし~

モミジは食べる気マンマンやし~ 即効 海に返し無い事にしました(激汗)

1571アレやん
そうこうしていたら ジネンがポケットから こっそりと出した

正に アレやん!!! うぉ~ デカした~ 発見~

とりあえず ガンガラの採取したケースに入れる様に 指示をしました 

1572休憩
さぁ~ ニヤニヤして落ち着かない ビッグGにはビールです

カップ麺と 綺麗な海と 輝く太陽と アレを見ながらの ひと時

海って最高~ 今日も夕方近くまで 磯遊びをしました

1573採取
大阪に帰って来たら 早速 砂抜きをします 中央にアレが…(笑)

海水ごと持ち帰ったので 人口海水を作り 徐々に合わせます

まる二日間 しっかりと砂抜きが必要ですネ~

1574煮つけ
必ず冷たい塩水から 軽く塩茹でしてアクを取ります

貝を鍋に移し 下に向け 蓋をして 活性が上がってから茹でましょう

その方が 食べる時に壺抜き し易いので・・・

  

その茹で汁を半分ほど捨て やや甘くした濃い目の麺つゆを作り

沸騰してから 軽く茹でて一晩 味を染ませます

もう 海の恵みが最高です 今夜もビールがすすみます~

1575ハンター

将来に期待を掛け 密漁ハンター? いや違うっ

海好きな兄妹になってくれ って言うかウェット姿 エエやん

お尻が破れた事はナイショにしとくわっ サヨウナラ

 

まだまだ 夏休みネタです

川遊びの次の日は 本格的にスキンダイビングを楽しみます

こんにちはビッグGです 家に帰らず車中泊を続行中の我が家です

 

662朝日

今朝の目覚めは橋杭岩と呼ばれる場所から 朝焼けを拝みます

朝方は涼しく感じられる この季節ですが 蚊が多い事・・・

エアコンを掛けての車中泊は 非常に燃費が悪いです

 

681串本

我々家族は 紀伊半島の南の串本を目指します

 

663エリア

この串本は 赤道海流を起源とする暖流の黒潮が流れ 

×印の浅瀬には その黒潮の支流が流れ込み

近畿エリアでありながら 見事なサンゴ礁が見れるのです

 

664オレンジハウス

ダイビングショップのコチラに声を掛け 車を停めさせてもらいます

大人二人で2000円を支払い 施設の設備を利用できます

子供は無料です 2000円で駐車場代とシャワー お風呂 休憩室付きです

 

665ケンカ

早速 荷物を下ろし 着替えを済まし さぁ~潜るぞって時に

子供のケンカが始まりました どうやら珍しい貝殻が落ちていて

取り合いになったのがキッカケに 押した押さないの小競り合い

 

666サンゴエリア

子供のケンカは置いといて ショップにあった航空写真で説明しましょ~

×印が サンゴ礁のエリアです めちゃめちゃ近いっ 

全然 沖まで出なくても 子供でもエントリーできる場所です

 

 

667ジネン

特攻隊長はジネンです 

年々 大自然が好きになってくれ 生物図鑑で見た知識でウルさいです(笑)

 

668フグ

早速 フグを発見 まったく美味しそうには見えません

とにかくカラフルで フグと言っても 色んな種類と遭遇出来ます

そして 人を見ても逃げません

 

669ツノダシ

出ました~ トロピカルフィッシュの形をした魚を発見~

ジネンが この魚はツノダシだと言って 大興奮です

後で調べたら 見事正解のツノダシと言う魚でした~

 

670サンゴ

魚はともかく エントリーして たったの15メートル先には

こんな素晴らしい テーブルサンゴが見えます

これには正直 ビックリして しばらく信じられませんでしたっ

 

671テーブルサンゴ

更に10メートル進むと 先の先までサンゴが敷き詰められています

ここまで立派だと 怖くなってきます

とにかく 魚は近づいてくるは 基本的に個体がデカイしっ

 

672枝サンゴ

浅瀬に戻ると 枝サンゴまで無数に広がっています

この時間帯は 潮が引き気味で サンゴを傷つける恐れもあり

気を付けながらの素潜りでした

 

673ガンガゼ

そして 浅瀬には巨大なウニが 岩場の陰に ゴロゴロいます

トゲの長~い ガンガゼと呼ばれるウニです

コレにも恐怖でしたが 更によく観察すると・・・

 

674目が光っている

ギョエ~ なんじゃ~ ウニの目(正確にはオシリ)が不気味~

色んな光り方をしていて 暗い岩陰から見えるもんですから

子供も大人もビックリ 慌てて退散と行きたいが

 

675アザハタ

目の前に過ったのは アザハタと呼ばれる 巨大な魚です

これまた こっちに寄ってくるから もうゴメンナサイ状態

もっと 勉強してエントリーしないと ビビるばっかりでした(汗っ)

 

676休憩

ランチがてら ショップの二階にある テラスを利用しました

陰になっていて 海も見えるし風が通って すごく気持ちがイイ~ 

 

677パスタ

施設はランチ提供は無いので 車で2分先のコンビニで調達です

400円しない コンビニパスタ アルデンテで旨いっ

日本のコンビニは 本当に良く出来ています

 

678おやすみ

あろはも朝から遊び倒しだし 旅が長かったので しばし熟睡タイムです

写真はありませんが ここから見渡せる海のキラキラ感が忘れられません

 

679カニ

ジネンがセミの次に大好きな カニです

捕まえては逃がして 休憩もせずに遊んでいましたヨ~

 

680ヤドカリ

最後に成りましたが 子供の夏休みは 大人も大変です

忙しいうえに 更に忙しい ヘトヘトになるまで夏を楽しみました

タダ思える事は 海って素晴らしい~ でした サヨウナラ

 

 

しばらく 夏休みネタです

まだまだ 大阪には帰りません 旅は続くのです

こんにちはビッグGです 伊勢のサーフ合宿の後は

紀伊半島を南下して 川遊びに向いました

 

641海山

熊野古道で有名な 場所近くの道の駅で 車中泊です

 

642満載

省スペースながらも 沢山の荷物を搭載しております

隙間という隙間に 遊び道具が満載です

大きな車に買え替えたいんですがネ~

 

643ジネン

車中泊も二段ベッドで朝を迎えます

子供って何故か上の階に登りたがる が・・・

寝相が悪く 朝には必ず落下して 全員が起きる始末です

 

644二段ベッド

下段は大人二人とモミジですが まぁ~良く寝る お二人さんです

起きているのは 虫の音に落ち着かないメンズです

 

645景色

だって こんな景色のなかでの車中泊なんで

夜中じゅう 虫が鳴いている 都会には無い光景です

 

646採取

早速 虫取り博士は 駐車場で何やら昆虫を発見

この仕草がベテランでしょ~(爆笑)

 

647キリギリス

はい~ 手づかみでキリギリスを 捕まえましたっ

都会では飼育が難しいので 虫カゴに入れて観察したら

命あるうちにリリース 命の大切さを教育します

 

648銚子川

では早速ですが 本日の遊び場に移動です

朝モヤが掛かっていますが ポイントをチェックです

日本最大雨量の大台ケ原が源流の 二級河川で川遊びです

 

649下流

山肌から朝日が差し込むと 川底まで透き通る透明感

お盆時期なので 沢山の家族がキャンプを楽しみ

朝から遊んでいます

 

651魚飛渓

我々は 更に上流へと進み 魚飛渓と言われる場所まで来ました

なんと素晴らしい 車を進めては停めて 進めては停めての繰り返し

子供でもエントリー出来る場所を選びつつ ポイントをチェックです

 

652エントリー

見て下さい 本当に綺麗な水 水面が揺れていないと

水の存在が解らない程の透明感 こんなの見た事ない!!!

 

653ひんやり

ライフジャケットを着用し 足の着かない川に飛び込みます

水温はいったい何度なんでしょうか とにかく冷たい~

海水とは違い 飲んでも美味しい これ本当なんです マジ旨いっ

 

654ジネン

ジネンはシュノーケルを開始です

昆虫の次に好きなのは エビやカニなんです 居るのかなぁ?

 

655準備オッケー

あろはも準備OKな様子

では 潜って中を覗いてみましょ~

 

656水中

見て下さい アユの大群です 岩肌にはハゼも居る

何よりも 透き通っていて かなりの先まで見えるじゃないですか~

これには子供より 透明度が理解できる 大人の方が大興奮 

 

657ダイブ

そして 所々が深いので 岩からジャンプして飛び込めます

幼稚園児のモミジだって 怖がらずに飛び込みます

絶叫系が好きなのは 母親のDNAだと思います

 

658頑張る

見ていたジネンも挑戦です ビッグGの肩を踏み台にして(怒っ)

しかし 大きな岩ですネ~

ビッグGも 一緒に登って~ ジャ~ンプ!!!!

 

659ダイブ

最高~ 気持ちイイ~ 

夏休みのイイ思い出になりそうです

 

660爆笑

モミジも楽しんでくれたかな~

時間のある限り 家族と過ごせましたっ

あ~ 遊ぶのも忙しい~ まだまだ旅は続きます

 

661刺身

そして 車中泊の楽しみと言えば ご当地の食材を買い込み

寝床を決めたら 車中で晩ご飯です

これ地元の尾鷲港で獲れた刺し身 なんと特価の1000円です

今夜も子供と取り合いですヨ~ おやすみなさい

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ビッグGとあろは

Author:ビッグGとあろは
自宅ハワイアン化
計画実施中!
夫・ビッグG
妻・あろは
二人でハワイアンなリポート
お届しま~す♪

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
リフォーム (8)
Kids (60)
サーフィン (114)
おでかけ (53)
立ち呑み (122)
料理教室 (45)
出来事 (75)
ハワイ (40)
スノボ (2)
新築計画 (8)
素潜り (6)
カリフォルニア (3)
工務店 (21)

月別アーカイブ

あろは検定

ハワイ語辞書"

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

最新コメント